古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

大神神社

大和国一之宮
別名: 三輪明神・三輪神社
住所: 奈良県桜井市三輪1422
主祭神: 大物主大神(倭大物主櫛甕玉命)
      大己貴神
      少彦名神

 大物主大神を祀る。創建の由諸や大和朝廷10代祟神天皇時代から存在するので日本最古の神社といわれている。
 他の神社と違って本殿はなく、ご神体は三輪山(神体山)で、拝殿から三輪山を拝む。神道本来の形を伝えているので、三輪山信仰は縄文時代にまで遡る可能性がある。拝殿奥にある三つ鳥居は珍しく、摂社の桧原神社は拝殿と本殿がなく、三つ鳥居(三輪鳥居)の背後の神籬(ひもろぎ)を拝む。
 大神神社の注連縄は他の神社と違い、向かって左が元になっているが、桧原神社は多くの神社と同じく右が元となっている。左が元の神社は数社あるが、後ほどまとめてみたいと思っています。
 あの世はこの世と全てが逆になっているという説があります。縄文土偶がわざと一部分を壊して埋められているのも、現世で不完全な状態が来世で完全になるようにと祈ったものではないでしょうか。従って逆の左に注連縄の元がある神社は背後か本殿の下に祭神の磐座が存在すると私は考えています。大神神社の場合は三輪山の奥津磐座に大物主神、中津磐座に大己貴神、辺津磐座に少彦名神が祀られています。

 大物主神は蛇神・水神・大蛇の姿をした雷神としての性格を持ち五穀豊穣、疫病除け、酒造りなどの神として信仰を集めている。拝殿の後ろに活日神社があり、高橋邑の活日が酒造りの名人で、三輪氏の祖・太田田根子が大物主神の祭祀を委ねられた時に祟神天皇に酒を献上した。
     コノミキハ ワガミキナラズ ヤマトナス オホモノヌシノ 
     カミシミキ イクヒサイクヒサ
 
 オオミワ神社(大神神社、神神社、大三輪神社など)は九州から中国、近畿と広く分祀されているが、それは大物主神が筑紫から瀬戸内を通り大和へ東遷した結果なのか、あるいは大和朝廷の勢力拡大の結果なのか、どうでしょうか?
 大物主は饒速日ともいわれ、大国主の和魂ともいわれますが、どちらでしょうか?
 それとも縄文時代か弥生時代からの地主、あるいは三輪山への自然信仰でしょうか?
  
 下の写真は三輪山と大神神社拝殿です。(2010年夏撮影)
d0287413_16213814.jpg

 
d0287413_16125664.jpg


 下の写真はホケノ山古墳の上から撮影した箸墓古墳後円部と三輪山です。
   (2010年11月16日)
d0287413_10222640.jpg
d0287413_10224334.jpg


 下の写真は大神神社拝殿前にある巳の神杉です。
 私はこの写真を2013年の年賀状に使います。
d0287413_1428387.jpg

[PR]
by enki-eden | 2012-12-14 11:07 | 大神神社