古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

Eテレ放送「時空を超えて」

 アメリカの俳優・モーガン・フリーマン(79才)の「時空を超えてー死後の世界はあるのか?」が7月22日(金)の午後10時から10時45分までNHK教育テレビで放送されました。これは2015年3月放送の再放送でした。
 人間は死んだらどうなるのか? 死後の世界はあるのかという究極の謎を生物学・物理学・哲学などの科学者たちに聞く。

 意識は脳から生まれるのか、意識は脳死の後にも存在するのか。魂は宇宙とつながる量子コンピューターで、魂は死とともに宇宙に広がっていく。
 ある脳神経外科医が脳髄膜炎により臨死状態になったが、手術が成功して助かった。彼の臨死体験によれば「蝶になって飛んでいくと、皆が神と呼んでいるものが愛であることが分かった。」と云った。
 これに対して精神科医は「臨死体験は脳のニューロンが酸素不足で起こす幻想だ。」と云う。

 意識研究センターの所長は「永遠の魂」について研究しているが、脳のマイクロチューブル(微小管、細胞骨格)が量子コンピューターのように働き、「量子もつれ」によって意識が伝達されると考えている。
 量子もつれにより、脳内のつながっていない部分にも情報を伝える。この情報が宇宙全体に張り巡らされていると云う。
 脳内の意識が宇宙全体に広がっている。これはビッグバンの時から存在しており、マイクロチューブル内の意識は脳死後に宇宙に広がる。死なずに生き返ればまた脳内に戻ってくる。

 神経科学者の実験によると、人間が起きているときはニューロン同士の連携は活発に働くが、寝ているときは刺激に対する反応はあっても、ニューロン相互の連携はしなくなる。

 人間の魂を見つけたと主張する人がおり、魂の重さは21グラムだと云う。

 ある生物学者・工学者がニューロンはコンピューターであり、ニューロンが連携することにより意識や魂が生まれる。そこから感情も生まれてくる。魂も物質だから死ねば無くなると考えている。(唯物論)

 ある認知科学者は、魂は死んでもなくならない。魂の一部は他にコピーできる。出会った人々の心の中に残っている。ショパンが作曲した楽譜により、ショパンの魂の一部は後世に伝えられた。

 神経工学者がマウスの脳のニューロンとコンピューターを結ぶことにより、人工頭脳を造った。この人工頭脳に「意識」を持たせることが将来できると考えている。この神経工学者は自分の「意識」をコピーして他の生物に移す夢をもっている。

 私の体験は臨死体験と云えるのかどうか分かりませんが、57才の時にクモ膜下出血で倒れ意識を失い、夢の中で断崖絶壁に立たされ、上空から神の声のようなものが聞こえてきました。
 「右側に転げ落ちたらお前はそこで死ぬことになる。左側に転げ落ちたらお前は助かる。さ~、お前はどちらに転げるのか返事しろ。」と云われると同時に、返事する間もなく私は左側に引っ張り落されました。そして、病院の集中治療室で目を覚ましました。1か月後に退院し、後遺症もありませんでした。

 私は古代史の研究と共に古代人が神と呼んだ存在を研究しています。若いころから宗教的には相当経験しましたので、50代半ば頃からは物理学的に、天文学的に、医学的に「神」を研究するようになりました。
 肉体は変化し滅びても、魂の存在は死後にも続きます。魂の存在する場所は人間の認識できない異次元だと思います。0次元(霊次元)です。魂の重さは0だと思います。
 人間は1次元から4次元までは認識できますが、0次元や5次元は認識できません。

 昔、アメリカ人の美人物理学者・リサ・ランドールの「ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く」を読みました。難しい分厚い本でした。
 彼女はまた、「宇宙の扉をノックする」という題名の本も著しています。英語の題名は”Knocking On Heaven Door”です。Heavenが日本語の題名では宇宙になっていますね。
 異次元の証明はそれほど遠くない時期に検証できると思います。日本もこの作業には関わっていますよ。
[PR]
by enki-eden | 2016-07-23 20:48