古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

伊邪那岐神・伊邪那美神の国生み

伊邪那岐神・伊邪那美神の国生み
 大八島国
  ①淡路之穂之狭別島(あわじのほのさわけしま、淡路島)
  ②伊予之二名島(いよのふたなしま、四国)
     愛比売(えひめ、伊予の国)
     飯依比古(いいよりひこ、讃岐の国)
     大宜都比売(おおげつひめ、阿波の国)
     建依別(たけよりわけ、土佐の国)
  ③天之忍許呂別(あめのおしころわけ、隠岐の島)
  ④筑紫島(九州)
     白日別(しらひわけ、筑紫の国)
     豊日別(とよひわけ、豊国)
     建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよくしひねわけ、肥の国)
     建日別(たけひわけ、熊曾の国)
  ⑤天比登都柱(あめのひとつばしら、壱岐の島)
  ⑥天之狭手依比売(あめのさてよりひめ、対馬)
  ⑦佐渡の島
  ⑧大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)、
    またの名を天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)
 建日方別(たけひかたわけ、吉備の児島)
 大野手比売(おおのてひめ、小豆島)
 大多麻流別(おおたまるわけ、大島)
 天一根(あめのひとつね、女島)
 天之忍男(あめのおしを、知訶島)
 天両屋(あめのふたや、両児島)

伊邪那岐神・伊邪那美神の神生み
 大事忍男神(おおことおしをのかみ)、石土毘古神(いわつちひこのかみ)、
 石巣比売(いわすひめ)、大戸日別神(おおとひわけのかみ)、
 天之吹男神(あめのふきをのかみ)、大屋毘古神(おおやひこのかみ)、
 風木津別之忍男神(かざもつわけのおしをのかみ)、大綿津見神(おおわたつみのかみ)、
 速秋津日子神(はやあきつひこのかみ)、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)、
   この二柱の神の生んだ神は、沫那芸神(あわなぎのかみ)、沫那美神(あわなみのかみ)、
   頬那芸神(つらなぎのかみ)、頬那美神(つらなみのかみ)、
   天之水分神(あめのみくまりのかみ)、国之水分神(くにのみくまりのかみ)、
   天之久比奢母智神(あめのくいざもちのかみ)、
   国之久比奢母智神(くにのくいざもちのかみ)、
 志那都比古神(しなつひこのかみ)、久久能智神(くくのちのかみ)、
 大山津美神(おおやまづみのかみ)、鹿屋野比売神(かやのひめのかみ、野椎神)、
   大山津美と野椎の二柱の神が生んだ神は、天之狭土神(あめのさつちのかみ)、
   国之狭土神、天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)、国之狭霧神、
   天之闇戸神(あめのくらとのかみ)、国之闇戸神、大戸或子神(おおとまとひこのかみ)、
   大戸或女神(おおとまとひめのかみ)、
 鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ、天鳥船)、大宜都比売、
 火之夜芸速男神(ほのやぎはやをのかみ、火之迦具土神)、
 ここで伊弉冉尊は火傷で病になるが、更に神が生まれた。
 金山毘古神(かなやまひこのかみ)、金山毘売神、波邇夜須毘古神(はにやすひこのかみ)、
 波邇夜須毘売神、弥都波能売神(みつはのめのかみ)、和久産巣日神(わくむすひのかみ)、
 和久産巣日神の子神に豊宇氣毘売神がいる。
 ここで伊邪那美神は火の神を生んだ時の火傷がもとで亡くなり、出雲国と伯耆国の境にある比婆山に葬られた。

伊弉諾神宮
 兵庫県淡路市多賀740    電0799-80-5001
 2013年5月3日投稿の「伊弉諾神宮」をご参照ください。

本殿以下の諸殿群
 明治初年から20年にかけての官費による大造営で、最初に改築(新築)されたのが本殿で、明治9年に竣功した。この本殿の後背には、伊弉諾大神の神陵があり神代から禁足であった。
 明治12年に神陵の墳丘を覆うように二重に基壇を設け、真新しい本殿を神陵の真上に移築した。
 本殿の形式は、三間社流れ造向拝付で、屋根の桧皮葺き(ひわだふき)は前方の幣殿と連結して、一屋根になっている。
 本殿大床下には、神陵に築かれていた数十個の聖なる石が格納されている。明治の大造営では、本殿のほか、拝殿、幣殿、正門、中門、翼廊、渡廊、透塀、正門と祓殿や齋館が整備され、官幣大社としての体裁が整うことになった。

幽宮(かくりのみや)
 日本書紀神代巻に「是以構幽宮於淡路之洲」とあり、神功を果された伊弉諾大神が、御子神の天照皇大御神に国家統治の大業を委譲し、最初に生まれた淡路島に帰還、多賀の地に幽宮を構えて余生を過ごした。
 この地で終焉の時を迎えた伊弉諾大神は、その住居の跡の神陵(現本殿の床下)にお祀りされ、これが最古の神社である伊弉諾神宮の創祀の起源だとされている。

 私見ですが、伊弉諾尊は西暦125年頃に淡路島で出生、160年頃に倭国王兼7代目奴国王に就任した。伊弉諾尊は素戔嗚尊(140年頃-200年頃)の力を借りて各地を統率(国生み)したが、185年頃に素戔嗚尊や伊弉冉尊と争って倭国乱が勃発。
 伊弉諾尊は失脚し淡路島に隠遁、190年頃に淡路島の幽宮で亡くなる。倭国は卑弥呼(179年-247年)が201年に倭国王として就任した。
 素戔嗚尊は200年頃に亡くなり、相続した大国主命(160年頃-220年頃)が後を継いだが、卑弥呼と高皇産霊尊は北部九州の出雲族支配地(葦原の中つ国)の国譲りを強制、大国主命は出雲国に隠遁した。
[PR]
by enki-eden | 2017-06-19 00:19