古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

Y染色体ハプログループ

 女性の性染色体はXXで、男性はXYになっている。
 男性のY染色体は父親から息子に引き継がれ、Y染色体ハプログループは次の図のように分類されている。
d0287413_10172961.jpg

 Aはアフリカ系。分岐した全てのグループはAに遡るので人類の起源はアフリカになる。
 Bはアフリカのピグミーに多い。

 日本人のY染色体ハプログループはD、O、Cが中心。Y染色体ハプログループの分類が2015年11月に改訂された。私が過去に投稿したDNA関連の記事は旧分類で表示しています。

 DとEはDEから分岐した。
 D1a(旧・D1)はチベット人。アイヌ人・沖縄人と近いハプログループであるが、外見は違う。
 D1b(旧・D2)は日本人(中でも縄文人、アイヌ人、沖縄人は日本人平均より比率が高い)。
 彫りの深い顔、濃いひげ、二重まぶたの特徴で日本固有の系統。
 北海道と沖縄は稲作に適していないので、江南人(倭人)が定着せず縄文系が残った。
 日本人男性のハプログループの40%ほどを占める。
 D*はインドのアンダマン諸島で、D1aにもD1bにも属さない。一見すると黒人と変わらないので、出アフリカ時のままの外見を保っている。

 Eはアフリカに多い。
 Eの中でもE1b1bはエジプト、チュニジア、ユダヤ人、アラブ人、南欧人など地中海沿岸地域に存在する。
 日本のD1b(縄文系)はEに近い。ユダヤ人とは文化的・言語的に共通点が多い。古代のシュメール人もEかF(ドラヴィダ人)だったと考えられる。

 Cは北方(遊牧民)からサハリン経由で日本列島にやって来て、日本人男性のハプログループの5%ほどを占める。C1a1(日本固有)、C2a(日本固有)、C2cが日本に存在する。
 C2bはシベリア、北東アジア、北米先住民に多い。モンゴル人に53%、韓国人に13%。
 C1b2はオセアニア地域先住民に多い。Cは北と南に分かれている。

 Oは東アジア系で、日本人男性のハプログループの52%ほどを占める。
 Oの日本での内訳は、
 O1b2(旧・O2b1a)が江南人(倭人、揚子江)の呉系で、日本全体の33%ほどを占める。紀元前473年に呉は越に敗れ、北方(徐州)に逃亡した。朝鮮半島南部や中国北東部にも逃亡・定住した。

 O1b1(旧・O2a)が江南人の越系で、日本の1%ほどを占める。越は紀元前334年に楚に敗れ、ベトナム(越南)、マレーシア、バリ島、ボルネオ島、ジャワ島などに逃亡した。日本にも僅かにやって来た。越系は中国にも15%の比率で存在する。

 O1a(旧・O1)が江南人の楚系で、日本の3%ほどを占める。楚漢戦争で楚は紀元前202年に漢に敗れたが中国に残り、中国人には10%ほどの比率で存在する。一部は台湾・フィリピンに逃亡、日本にも少数が逃亡・定住した。

 O2(旧・O3)が黄河系で、日本の15%ほどを占める。中国に55%、朝鮮半島に44%、マレーシア、タイ、チベット、ベトナムなど東南アジアにも多い。

 O系統は縄文時代から弥生時代にかけて波状的に日本列島にやって来て、縄文人と交わり、弥生人になった。

 Fはドラヴィダ人に多く、南アジアから中央アジアに少し存在する。
 Gはコーカサス地方に多く、ヨーロッパに少し存在する。
 Hはドラヴィダ人に多い。

 Iはバルカン半島、北欧に多い。
 Jは中東に多い。
 Kはパプアニューギニアに多く、周辺地域にも少し存在する。
 Lはインド、パキスタンに多い。Kから分岐した。
 Tはインド、中東、東北アフリカに多く、Kから分岐した。
 MとSはパプアニューギニアに多い。
 Nは北欧からユーラシア北部に広く分布する。日本にもわずかに存在する。

 Pは東南アジアの島に多い。
 QとRはPから分岐した。Qはアメリカ先住民に多い。
 Rはヨーロッパとインドで、R1aは東欧、インド北部、中央アジアに多い。R1bは西欧に多い。

 出アフリカの時期は7万年前から5万年前と云われるが、14万年前にも気候変動による出アフリカがあったと考えられる。
 人類は出アフリカの後、北ルート、南ルート、西ルートに分かれて分岐拡散していった。アフリカに残ったA、B、Eはアフリカの黒人になった。
 出アフリカをした人類はネアンデルタール人と混血したと考えられる。2015年1月13日投稿の「人類とネアンデルタール人の混血」をご参照ください。
 北ルートに分散したのはアジア系のD、C1a1、C2、N、O、Qに分岐し、
 南ルートに分散したのはオーストラロイドで、C1b2、F、K、Hなどに分岐、
 西ルートに分散したのはヨーロッパ系のC1a2、I、J、G、Rに分岐した。
[PR]
by enki-eden | 2017-06-25 00:13