古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

岡本八幡神社(神戸市東灘区)

兵庫県神戸市東灘区岡本6丁目10-1  電078-452-0796  駐車スペースはあります。
祭神 応神天皇(誉田別尊)、神功皇后(氣長足姫尊)。
厄除け開運の厄神宮

 神戸市には神功皇后(321年-389年)由来の神社が多く、伝承は363年の新羅遠征関連が多い。
当社の創建ははっきりしないが、1192年に鎌倉幕府が開かれ、源氏の勢いにあやかろうと源氏の氏神である八幡神を村の高台に祀ったと云われる。



   石の鳥居
d0287413_9205276.jpg

   急な階段を登ると拝殿
d0287413_921820.jpg

   本殿
d0287413_9212258.jpg

   絵馬は「しゃもじ」になっている。
d0287413_9213955.jpg


 当地岡本は古くから「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と云われ梅の名所であったが、1938年の阪神大水害、1945年の神戸大空襲、戦後の高度成長期の住宅開発により、美しい梅林は失われてしまった。
 しかし、1982年に住民の要望に応えて神戸市が「岡本梅林公園」を整備した。その後も整備・拡充され、園内には紅梅、白梅、しだれ梅など200本の梅の木が植えられている。
 その中には太宰府天満宮から贈られた菅原道真公ゆかりの「飛び梅」もある。飛び梅については、2016年4月7日投稿の「太宰府天満宮の飛び梅ちぎり」をご参照ください。

 当社は阪急電鉄「岡本駅」の北500mほどにあり、周辺は六甲山の南麓地区で坂道の街になっているが、住宅地としての人気は非常に高く、豪邸も多い。
 すぐ東に天上川が流れており、春は梅の名所のようだ。
[PR]
by enki-eden | 2017-07-25 00:15