古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

伊奢沙別命(いざさわけのみこと)

 別名 氣比大神・笥飯大神(けひのおおかみ)、御食津大神(みけつおおかみ)。
 「ケ」は食物、「ヒ」は霊を意味する。

 伊奢沙別命は越前国一宮の氣比神宮(北陸道総鎮守、福井県敦賀市曙町11-68)の主神。

 越前国二宮の剣神社(福井県丹生郡越前町織田113-1)の主神は素戔嗚大神であるが、氣比大神を配神として祀っている。剣神社の地名は織田とあるように織田信長の祖先発祥の地で、信長も氏神として崇敬していた。
  赤のアイコンが氣比神宮、黄が剣神社


 伊奢沙別命の神格は海の神(海人族系)・食物神で、ご神徳は衣食住・海上安全・農漁業。
 古代の越前国敦賀郡は御食国(みけつくに)で、皇室に海産物の贄(にえ)を貢納していた。
 敦賀(つるが)の古名は角鹿(つぬが)であったが、大宝律令により敦賀と改称された。

 敦賀の立地は嶺南と呼ばれ、福井県南部の若狭湾沿岸地域になっている。文化的・経済的には北方の嶺北よりも西方の若狭湾沿岸との関係が深く、すぐ南方には琵琶湖があり近江国や京都との関係も深い。言葉も嶺北は福井弁(北陸弁)であり、嶺南の敦賀は北陸弁の要素もあるが近畿弁に近い。

 琵琶湖周辺を拠点とする息長氏にとって、琵琶湖北端から20kmほどの敦賀湾は日本海交易や海外交易に必要な津(港)であった。大和や摂津、河内にも拠点を持つ息長氏は瀬戸内海航路を利用する場合は住吉津(すみのえのつ、大阪市住吉区)の津守氏と連携した。
 津守氏は天火明命系の海人族で、住吉大社の歴代宮司を勤めている。住吉大社については、2013年12月5日投稿の「住吉大社①」をご参照ください。

 氣比大神は天日槍(あめのひぼこ)と同神説がある。天日槍の子孫である神功皇后は氣比神宮が鎮座する敦賀と関係が深い。
 図をクリックしてプラスマークをクリックすると拡大します。
d0287413_1436113.jpg


 日本書紀によると神功皇后摂政13年、誉田別尊(15代応神天皇)が立太子の時、武内宿禰と越国(北陸)に行き、敦賀の氣比大神(伊奢沙別命)と名前を交換したとある。西暦375年のことである。
 これは、立太子や成人の時に、その地に因んで名前を変える習慣のことか。例えば、平安時代に石清水八幡宮で元服した八幡太郎義家、賀茂神社で元服した賀茂次郎義綱、新羅明神で元服した新羅三郎義光のように。
 図をクリックしてプラスマークをクリックすると拡大します。
d0287413_14373029.jpg


 氣比大神が天日槍であるならば、神功皇后の先祖の名前を応神天皇が交換して継ぐことにより、天日槍(氣比大神)の家督を引き継いだのかもしれない。
 日本書紀垂仁天皇3年紀に、天日槍の神宝に「胆狭浅(いささ)の太刀」が記されている。

 加古川市の日岡神社の主祭神は天伊佐佐比古命(あめのいささひこのみこと)である。神社の由緒によると、10代崇神天皇が「四道将軍」を派遣したが、西海将軍には7代孝霊天皇の皇子である彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと、吉備津彦命、桃太郎のモデル)と弟の若武吉備津彦命(わかたけきびつひこのみこと)を派遣した。この彦五十狭芹彦命が日岡神社の祭神の天伊佐佐比古命であると云う。
 日岡神社については、2013年3月3日投稿の「日岡神社」をご参照ください。

 天伊佐佐比古命(吉備津彦命)と伊奢沙別命は同一神と云う説があり、吉備と氣比の発音が似ているとも云う。
 先代旧事本紀の国造本紀のよると、「成務朝の御代に吉備の臣・若武彦命の孫の建功狭日命(たけいさひのみこと)を角鹿国造に定められた」とある。
 古事記の7代孝霊天皇の記事に、「孝霊天皇の皇子・日子刺肩別命(ひこさしかたわけのみこと)は高志(越)の利波臣(となみのおみ)、豊国の国前臣(くにさきのおみ)、五百原君(いおはらのきみ)、角鹿済直(つぬかのわたりのあたい)祖先」とある。
 7代孝霊天皇の皇子は吉備国と角鹿国に深く関わっている。
 伊奢沙別命は天日槍であり、都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)であり、角鹿氏(角鹿直)はその子孫の海人族で角鹿国造と云われる。
 角鹿国造初代の建功狭日命から64代目の子孫が福井県丹生郡越前町氣比庄の氣比神社禰宜・角鹿尚文(つのがたかふみ)氏である。
 
 兵庫県豊岡市気比286に氣比神社が鎮座。祭神は五十茶狭沙別命(いささわきのみこと)、神功皇后、仲哀天皇で、神社の西に気比川が流れている。
 神功皇后が敦賀から穴門(山口県)へ航海する途中に立ち寄ったとみられる。
[PR]
by enki-eden | 2017-10-27 00:13