古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

三位一体(さんみいったい)の否定

 三位一体は英語ではtrinity(トリニティ)で、父(神)、子(イエス・キリスト)、聖霊が一体であるとする教理。これはキリスト教の根本的な教理で、殆どのキリスト教宗派が共有している。
 しかし一部のキリスト教宗派では三位一体を認めず、キリスト教以前のユダヤ教でも三位一体の概念はない。
 三位一体を認めない宗派は、「預言者」であるイエスが「神の子にして絶対神と同格」となったことに反対している。
 それが16世紀に始まったユニテリアン主義で、18世紀後半にアメリカ、イギリスのプロテスタント教会から発展していった。三位一体の教理を否定し、神の唯一性を強調している。

 キリスト教はユダヤ教から生まれた。イエスはユダヤ教のエッセネ派クムラン教団に属していた。神の国を宣教したイエスが磔刑で死ぬと、「イエスの復活」後にはじまった宗教活動は、イエスをメシア(キリスト、救世主)と信じ「神の子」として、神と同一視した。
 そしてイエス・キリストを信ずる者が、ユダヤ教の律法を守らなかったので両者の対立は決定的になり、1世紀後半にユダヤ教から完全に離反してキリスト教を広めていくことになる。
 西暦622年に預言者ムハンマド(571年-632年)によって始まったイスラム教は、ムハンマドをモーゼ、イエスに続く最高の「預言者」としている。
 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は厳しく対峙して、長期に亘って宗教戦争・民族戦争が頻発している。イスラム教徒同士の戦争やテロ活動も多い。

 そして、経営コンサルタントで歴史評論家の落合莞爾氏(1941年生)によれば、國體ワンワールドがユニテリアン主義に基づいて造った組織がフリーメーソンだと云う。
 落合氏は、ユニテリアン主義、クエーカー(キリスト友会)、三位一体を否定するキリスト教宗派などがフリーメーソンと繋がりが深いと云う。

 また、フリーメーソンは國體ワンワールドネットワークの一部なので、國體ワンワールドに属する人々は、フリーメーソンに属している。
 フリーメーソンは16世紀後半頃に設立された友愛結社で、全世界の会員数は600万人、日本人は300人程いる。
 明治維新の直前、フリーメーソンのスコットランド人であるトーマス・ブレーク・グラバー(1838年-1911年)に影響された岩崎弥太郎(1835年-1885年)、坂本龍馬(1836年-1867年)などがフリーメーソンになった。最近では小泉純一郎(1942年生)、高須克弥(1945年生)などがフリーメーソンになった。
 フリーメーソンのマッカーサー元帥(1880年-1964年)が昭和天皇(1901年-1989年)をフリーメーソンに導いたと云われる。

 GHQ総司令官でフリーメーソンのマッカーサー元帥やその副官でクエーカー教徒のボナー・フェラーズ(1896年-1973年)が、「天皇の戦争責任を不訴追」と「象徴天皇制」を打ち出して昭和天皇の存続に大きく貢献した。
 それ以前にアメリカ政府の政策として、日本を安全に占領するために「天皇を平和の象徴として利用する」方針があり、GHQに伝えられていた。
 また、クエーカー教徒のエリザベス・ヴァイニング(ヴァイニング夫人、1902年-1999年)はGHQに呼ばれ、明仁親王(平成天皇)の家庭教師を務めた。
 そして、人間を神として認めないユニテリアン主義のフリーメーソンとクエーカー教徒は、天皇を神とした日本のシステムに反対し、天皇に「人間宣言」をさせることも重要な目的であったのではないか。

 イスラエルが建国されたのは1948年5月14日、その70年後の2018年にイスラエルの荒廃は終わり、ソロモン神殿が再建され、聖都エルサレムが再建されると云う。
 ソロモン神殿はBC10世紀にソロモン王が築造し、BC515年に再建された。BC20年にヘロデ王によって改築された。
 イエス・キリストはこの神殿が商人たちの金もうけの場になっているのを嘆き、商人たちを神殿から追い出した。

 紀元70年のユダヤ戦争でローマ帝国軍により神殿は破壊された。神殿の外壁は基礎部分が残されており、「西の壁」は高さ19m、幅57mで「嘆きの壁」と呼ばれ、壁の前が礼拝の場所となっている。
 そしてイスラエルでは神殿が破壊されて以来、再建計画がずっと続いている。
イスラエルの首都はテルアビブであるが、イスラエルはエルサレムを首都と主張している。国連では認められていない。アメリカのトランプ大統領は、イスラエルの首都をエルサレムと認め、アメリカ大使館をエルサレムに移すと宣言し、世界中から批判・反対されている。

 2018年にイスラエルの首都がテルアビブからエルサレムに遷都されると云う動きがあるので、それを実行すればイスラム教徒やキリスト教徒との戦争が起きる可能性が高い。その争いの後、地域が安定し、メシアが現れると云うが、それは日本人かもしれないと云う。
 メシアは二人現れ、一人は「アロンのメシア(モーゼの兄アロンの末裔)」で、もう一人は「イスラエルのメシア(イスラエルの末裔である日本人)」と云われる。

 平成天皇は2019年4月に退位の予定、戦後70年余りで新しい形の日本と世界が始まる。日本とイスラエルは連動しているように見える。
©2012 INNAMI KANKI

[PR]
by enki-eden | 2017-12-19 08:59