古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 02日 ( 1 )

前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)

 愛知県清須市廻間(はさま)3丁目の廻間遺跡(はざまいせき)に墳丘墓が6基あるが、1基が「前方後方型墳丘墓」となっている。2世紀前半の築造で、発掘調査された後は道路になっている。
 愛知県には廻間(はさま、はざま)が付く地名が大変多く、200程あるのではないか。「廻間」は「谷間の地形」を意味する。
 「桶狭間の戦い」で有名な「桶狭間」も尾張国知多郡桶廻間村大字桶狭間である。

 方墳の周りに溝がある「方形周溝墓」に渡るための陸橋部が拡大して「前方後方型墳丘墓」となった。更に、前方部の長さが後方部の二分の一以上に拡大し、周濠も大規模になり、「前方後方墳」へと発展していく。
 
d0287413_14433292.jpg


 愛知県一宮市開明(かいめい)にある西上免遺跡(にしじょうめんいせき)の西上免古墳(墳長40.5m、周濠幅9m)が2世紀末か3世紀初めの築造で、最も古い前方後方墳と考えられている。東海地方で生まれた前方後方墳が東日本を中心として全国に広まっていった。

 「前方後円墳」は大和国で物部氏がリードしたが、「前方後方墳」は尾張国で尾張氏がリードした。埴輪が発見される前方後方墳は少ない。
 奈良県北葛城郡広陵町大塚の新山古墳(しんやまこふん)は前方後方墳であるが、多数の埴輪が出土している。墳丘長126mで宮内庁「大塚陵墓参考地」になっている。4世紀後半の築造で、25代武烈天皇陵とも云われるが、武烈天皇は506年頃の崩御なので時代が合わない。
 当地は馬見古墳群(うまみこふんぐん)の南群で、葛城氏の墓域と考えられる。葛城氏と尾張氏は密接な関係にある。

 愛知県一宮市の西上免古墳は前方後方墳ではなく前方後方型墳丘墓で、滋賀県東近江市の神郷亀塚古墳(じんごうかめづかこふん、墳長36.5m、3世紀前半)が最も古い前方後方墳であると云う説もある。それであれば、2世紀から3世紀にかけて但馬から近江へ、近江から尾張へと人や文化が流れていったと考えることができる。
 2世紀に尾張氏と海部氏が九州から日本海沿いに東進し、敦賀から近江(琵琶湖東部)へ入り、更に濃尾平野まで進出していったのか。
 西暦185年頃に「饒速日の東遷」に従って瀬戸内海経由で大和国高尾張に移住した尾張氏は、天香語山、天牟良雲、天背男などの一族であるが、その後波状的に東国の尾張国に移住していった。
 いづれにしても西上免古墳と神郷亀塚古墳の両古墳が前方後方墳の最古級と云うことでしょう。

 前方後方墳は全国に300基ほどあり、全長100m以上の大型前方後方墳は大和国に集中している。最長の前方後方墳は奈良県天理市の西山古墳(全長183m)である。西山古墳については、2013年7月19日投稿の「西山古墳」をご参照ください。
[PR]
by enki-eden | 2017-08-02 00:11