古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 10日 ( 1 )

天尾羽張神(あめのおはばりのかみ)

 古事記によると、伊邪那美神(いざなみのかみ)が迦具土神(かぐつちのかみ、火の神)を生んだ時の火傷で亡くなってしまったので、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)が十束剣(とつかのつるぎ)で迦具土神を斬り殺した。
 この十束剣は「天尾羽張(あめのおはばり)」又は「伊都尾羽張(いつのおはばり)」と云う。
 その十束剣に付いた血から多くの神が生まれるが、その中に「建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ、雷の神)」がいる。別名を建御雷神(たけみかづちのかみ)、武甕槌神(たけみかづちのかみ)、建布都神(たけふつのかみ)又は豊布都神(とよふつのかみ)と云う。

 高皇産霊神と天照大神が大国主命に「葦原の中つ国(北部九州の出雲族支配地)」の「国譲り」を迫る為、天穂日命(あめのほひ)を交渉に行かせるが、天穂日命は大国主命に味方して戻ってこない。次に派遣した天稚彦(あめのわかひこ)も帰ってこない。
 そこで、天安川(あめのやすかわ)の川上の岩屋にいる伊都尾羽張神(剣の神)に大国主命を説得するよう依頼したが、伊都尾羽張神は自分の子の建御雷神を派遣してくれと云う。それで建御雷神に天鳥船神を添えて「葦原の中つ国」に派遣することにした。
 天尾羽張神(伊都尾羽張神)の子が建御雷神(建布都神、豊布都神)である。

 奈良県御所市に曽我川が流れているが、曽我川が高天原を流れる天安川であるとの伝承があり、川沿いに天安川神社が三社も鎮座している。
 奈良県御所市重坂(へいさか)1005の天安川神社、祭神は市杵島姫命とも天尾羽張神とも云う。御所市樋野109の天安川神社、祭神は市杵島姫命。御所市新田の天安川神社、祭神は市杵島姫命。
 素戔嗚尊と天照大神が天安川を挟んで誓約(うけい)をして生まれたのが三女神なので、祭神が市杵島姫命になっている。天尾羽張神も祭神とされる。
 これは、九州の高天原から御所市に移住してきた人々が元の地名や川の名前を付けたのでしょう。元の高天原は福岡県だと考えられる。2014年8月29日投稿の「高天原」をご覧ください。これは3年前の投稿で、年代表についてはその後、少し修正しているので違う部分があります。

 天尾羽張神の子の建御雷神が国譲りを成功させ、大国主命は出雲国(島根県)へ帰っていった。大国主命の子の建御名方命(たけみなかた)は抵抗したが、建御雷神に敗れ、諏訪国(長野県西部)に逃亡した。
 剣に人の名前を付けることがある。素戔嗚命(布都斯、ふつし)の父・布都(ふつ)の名を付けた剣が布都御魂(ふつのみたま)と云われ、天理市の石上神宮の御神体になっている。
 建御雷神はこの剣を用いて「葦原の中つ国」を平定した。布都御魂の剣は素戔嗚命の父の布都が使っていた十束剣である。布都御魂剣は内反り(日本刀とは逆の方に反っている)の鉄剣で85cmほどの長さがある。
 素戔嗚命は布都御魂剣を孫の熊野高倉下(くまのたかくらじ)に授け、熊野高倉下が建御雷神に渡したと考えられる。

 天尾羽張の「尾羽張」は「切っ先が広がった剣」又は「諸刃の剣」の意味だと云う。
 私見では尾張氏の尾張は「矢羽に鳥の尾羽を付けた天羽々矢(あめのははや)」と見ているが、尾張氏の名前の由来も「尾羽張」かもしれない。国譲りを実行したのは尾張氏のようだ。
 尾張氏・海部氏の系図
d0287413_10521814.jpg

 建御雷神は熊野高倉下や天叢雲命(天村雲、あめのむらくも、170年頃出生)の世代になる。建御雷神が熊野高倉下から布都御魂剣を受け、200年頃に国譲りを成功させた。尾張氏は名前の前に「建」をよく使う。
 天叢雲命は素戔嗚命の八岐大蛇(やまたのおろち)退治の時に出た銅剣(天叢雲剣)と同じ名前になっている。素戔嗚命は孫の天叢雲命に銅剣を授け、銅剣に天叢雲の名を付けたと考えられる。
 天叢雲剣は草薙剣とも云い、三種の神器の一つで名古屋の熱田神宮(尾張国三宮)のご神体になっている。
 熱田神宮は尾張国造の娘・宮簀媛(みやずひめ、日本武尊の妃、320年頃出生)が創建し、草薙剣を祀った。兄は建稲種命(たけいなだね)で天火明命の12世孫。

 素戔嗚命が草薙剣を得た時に用いた十束の剣は天羽々斬(あめのははきり、布都斯魂剣)で、長さ120cmの鉄剣で布都御魂剣と共に石上神宮に祀られている。

 平安時代末期、熱田神宮大宮司の尾張員職(かずもと)の娘・尾張職子は藤原季兼(すえかね、1044年-1101年)の妻となり、藤原季範(1090年-1155年)を生む。藤原季兼は尾張国の目代(もくだい、国司の私的代理人)であった。
 1114年、尾張員職は孫の藤原季範が尾張国目代になったのを機に大宮司職を譲り、その後は藤原氏が大宮司職を世襲する。尾張氏はそれ以降、権宮司に引き下がってしまう。
 尾張氏に嫡男があったにも拘わらず大宮司職を藤原氏に譲ったのは、「神のお告げ」と云うが、藤原氏に半ば強制されたのであろう。これにより、藤原氏が三種の神器の草薙剣を奉斎することになる。藤原氏は権力によるゴリ押しが多い。

 藤原季兼と尾張職子の孫・由良御前(1159年没)は源義朝(よしとも、1123年-1160年)の正室になり、熱田神宮の近くで源頼朝(よりとも、1147年-1199年)を生む。
 愛知県は優秀な人材、企業が多い。源頼朝、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、最近ではフィギュアスケートの多くの選手、野球のイチロー選手、将棋の天才少年・藤井4段、企業ではトヨタ自動車など。

 藤原氏は鎌倉時代以降、家名を「近衛」、「鷹司」、「九条」、「二条」、「一条」、「三条」、「西園寺」、「中御門」などを名のり、貴族の頂点を極めた。
 熱田神宮の大宮司が尾張氏から藤原氏に替わったので、藤原氏の氏神である春日大社の祭神は第一殿に建甕槌命が祀られている。茨城県鹿嶋市の鹿島神宮(常陸国一宮)から勧請されたと云う。
 第二殿には経津主命(ふつぬしのみこと)が祀られ、千葉県香取市の香取神宮(下総国一宮)から勧請されたと云う。
 熱田神宮、春日大社、鹿島神宮、香取神宮は藤原氏が奉斎しているが、権力と策略により藤原氏のものとなった。
[PR]
by enki-eden | 2017-08-10 00:07