人気ブログランキング | 話題のタグを見る

古代史探訪 enkieden.exblog.jp

神社、遺跡めぐり   1943年生   印南神吉 (いんなみかんき)


by enki-eden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

延暦19年(800年)に富士山の大噴火で阿祖山太神宮は溶岩流で埋没、大宮司・宮下源太夫元秀(9世紀)は中臣藤原物部麿(7世紀)が書き写した史書を携え相模国高座郡(こうざぐん)に逃れ、相模国一之宮の寒川神社を勧請し大宮司となった。

宮下家は相模国・甲斐国の豪族として繁栄した。

弘安5年(1282年)に馬入川(ばにゅうがわ)の氾濫で寒川神社は流されてしまう。

数々の災害や弾圧に苦しみながらも、宮下家は古文書を守ろうとしていたが、明治16年(1883年)に宮下家の古文書が発見され、「神伝富士古文献大成」が公開された。

しかし、宮下文書は偽書とされている。

この富士古文献によると紀元前1900年頃、「中国伝説時代」を最初に治めた伏羲(フッキ)は蓬莱山(富士山)高天原から大陸の中原に天降り、東陽婦人との間に炎帝・神農を生む。

炎帝・神農は山海婦人との間に長男の黄帝・有熊を生む。

伏羲、炎帝・神農、黄帝・有熊の3代を中国伝説時代の「三皇」と云う。

黄帝・有熊の子孫は、少昊、顓頊、帝告、帝尭、帝舜の5代が続き、中国伝説時代の「五帝」と云う。

炎帝・神農の5男と7男が東の海を渡り、蓬莱国(日本)の祖神となる。伏羲(フッキ)の孫が再び日本に戻ってきたことになる。

大陸に渡った伏羲(フッキ)の次世代は「天之世」で、7代の神が大陸の地を治め、原始的な暮らしをしていたが文字を使っていた。

次の世代は天之御中主神から15代続く「天之御中世」で、15代目の高皇産霊神(天之神農氏神)が御子に海のかなたの日ノ本(日本)に蓬莱山(富士山)があるので、行って蓬莱国を統治せよと命じ、自らも後に蓬莱国の高天原に渡来した。

日本にやってきた高皇産霊神の御子は、5男の国常立尊と7男の国狭槌尊で、国常立尊を初代とする「高天原世」の7代へと続く。

次に、天照御神(大市毘女尊、大日留女尊)が始めた「豊阿始原世(とよあしはらのよ)」の5代が続き、「ウガヤフキアエズ王朝」が成立する。

富士古文献によると、その後の中国を治めた夏王朝も神農の3男の子孫、次の殷王朝(BC1750-BC1020年)も神農の4男の子孫、次の周王朝の祖・文王は神農の次男の子孫、秦始皇帝(BC259-BC210年)は神農の4男の子孫だと云う。

更に富士古文献には徐福伝説があり、宮下文書は徐福が編纂したと云う。

私見ですが、今のところ徐福は日本に来ていないと私は考えています。

印南神吉


# by enki-eden | 2024-05-26 00:11

大山守皇子(おおやまもりのみこ、384年頃‐404年頃)は、15代応神天皇(363-403年)と高城入姫の皇子で、16代仁徳天皇(386-429年)の異母兄である。

大山守皇子が、父・応神天皇の命により、異母弟の隼総別皇子(はやぶさわけのみこ)と共に東国に入り、阿祖山太神宮(あそやまだいじんぐう)の大宮司となり、隼総別皇子は中宮司となった。

応神天皇が崩御すると、大山守皇子は皇位への野心から謀反を起こし滅ぼされ、隼総別皇子も妃問題と皇位への野心で仁徳天皇と争いになり、誅殺された。大山守皇子は亡くならずに逃亡したと云う説もある。

「大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)」「応神天皇の皇子・皇女に鳥の名」をご参照ください。 

     

大山守皇子の子孫が阿祖山太神宮(不二阿祖山大神宮、富士山太神宮、富士山神社とも云う)の大宮司家である「宮下家」となる。

阿祖山太神宮の鎮座地は、富士山(3776m)の東北麓17kmの山梨県富士吉田市大明見(おおあすみ)3537で、富士山の鬼門を守護していると云う。

  

当社にも「三柱鳥居」がある。

主祭神は、

元主一太御神様(もとすはじまりおおみかみさま、不二太神)、

御親元主国万造主(みおやもとすくによろずつくりぬし)・国常立太御神様(くにとこたちおおみかみさま)、

元主天照主日太御神様(もとすあまてらすひおおみかみさま、天照大神様)。


不二阿祖山太神宮の説明によると、

『富士山の東北麓にある日本最古の神社で、富士山麓に栄えた超古代文明の富士王朝の中心をなした天皇家縁の太神宮です。

ここは宇宙神といわれ、国祖の神ともいわれる富士山にお立ちの富士太神宮様、即ち国常立太神様の総本宮です。』とある。


富士山の噴火爆発により不二阿祖山太神宮は何度も焼失・衰微したが、今回4度目か5度目になる再建計画が進んでいる。

富士山の裏鬼門を守護するのは、静岡県富士宮市宮町1-1に鎮座の駿河国一之宮・富士山本宮浅間大社(せんげんたいしゃ)で、

主祭神が木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)、

 別称が浅間大神(あさまのおおかみ)、

相殿神が瓊瓊杵命(ににぎのみこと)と大山祇神(おおやまづみのかみ)。


当社は、日本武尊(302年頃‐332年頃)や坂上田村麻呂(758年‐811年)の蝦夷征討に対して大和朝廷に協力したので、大同元年(806年)に51代平城天皇(774年‐824年)の勅命により坂上田村麻呂が、「山宮」から現在地に遷座、壮大な社殿が造営された。

関東武士や戦国大名も当社を篤く信仰し、庶民も徐々に信仰を深めていった。



印南神吉   


# by enki-eden | 2024-05-19 10:14

九穴のアワビ(鮑)

 アワビやトコブシの貝殻に開いている穴は4個から8個ぐらいあって、穴の下に、鰓(えら)、生殖器、肛門などがある。

 貝殻の穴は呼吸用、生殖用、排泄用に使われている。

 貝殻が成長に伴って大きくなると、新しい穴ができるので古い穴は塞がっていく。開いている穴はアワビで45個、トコブシで68個で個体によって違う。

 貝殻の大きさはエゾアワビが長径10cmほど、クロアワビが15cmほど、メガイアワビが20cmほどの楕円形をしている。

九穴のアワビ(鮑)_d0287413_19314195.jpg

二枚貝は貝殻を少し開けて呼吸をするが、アワビなどの一枚貝は貝殻に小さな穴が開いているので岩にぴったりと張り付いたままで呼吸ができる。

熊野の那智山に籠り、修行をしていた花山法皇(かざんほうおう、65代花山天皇、968-1008年)に龍神が現れ、如意宝珠・水晶念珠・九穴(くけつ)のアワビを献上したと云う。

九穴のアワビを食した者は不老長寿となり、滝の水を飲んだ者は延齢(延命)を得ると云われた。

天穂日命(西暦160年頃出生)の御子神で出雲国造(いずものくにのみやつこ)などの祖である武日照命(たけひなてるのみこと、西暦180年頃出生)は、別称に武夷鳥命(たけひなとりのみこと)・天夷鳥命(あめのひなとりのみこと)・建比良鳥命(たけひらとりのみこと)などがあるが、出雲大社の祭祀を担うために天から持ってきた神宝を出雲大社に収めたと云う。

日本書紀によると、10代崇神天皇(すじんてんのう、251-301年)が出雲大社の神宝を見たいと云った。

崇神天皇は、物部氏の武諸隅(たけもろすみ)を出雲に派遣したが、神宝を管理している出雲振根(いずもふるね)が筑紫国に行っていたので、弟の飯入根(いいいりね)が皇命を承り、神宝を奉った。

筑紫から帰ってきた出雲振根は、神宝を朝廷に差し出したと聞いて恨みと怒りが収まらずに、弟を斬殺してしまった。神宝を献上する行為は、服属することを意味するからである。

それを聞いた朝廷は、吉備津彦(西海将軍)と武渟河別(たけぬなかわわけ、東海将軍)を遣わせて出雲振根を殺させたとある。

崇神天皇は、「従わない者があれば、兵をもって討て」と云う基本姿勢で支配体制を確立していった。

神宝とは別に、出雲大社の本殿に祀られている「ご神体」は、天皇でも宮司でも誰も見ることはできないので、82代宮司の千家尊統(せんげたかむね、1885-1968年)は、ご神体は御衾で丁寧にくるまれ中身は伺い知れないと言っている。

それでも見た人が一人いると云う。それは、寛永15年(1638年)に松江藩主となった松平直政(1601-1666年)で、出雲大社宮司にご神体を見せよと言ったが断わられたので、強引に本殿に押し入った。

松平直政がご神体を確認すると、大きさ十尋(とひろ、15m)の「九穴のアワビ」だった。九穴から蛇が9匹出てきたので、松平直政は仰天して本殿から逃げ去ったと云う。

長さが十尋(15m)と云うのは恐らく間違いで、十束(とつか、75cm)ではないか。それでも大きくて本物のアワビではなく人工物だと考えられる。



出雲大社のご神体については謎で、多くの噂があるが、どれもオーバーな表現になっている。

朝日が昇る伊勢神宮のご神体は八咫鏡なので、夕日が沈む出雲大社のご神体も銅鏡かもしれない。

神宝を朝廷に奪われた出雲大社は祭祀をしなくなったと云うので、崇神天皇が銅鏡を祀らせたと云う。

或いは銅鐸、銅剣でしょうか。銅鐸ならアワビと似ていなくもないが・・・


印南神吉


# by enki-eden | 2024-05-14 00:05

野椎神(のづちのかみ)

野椎神(のづちのかみ)は「野の神」・「野の精霊」・「野槌(のづち)」で、別名を「鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)」、「草野姫(かやのひめ)」とも云う。草や萱(かや、茅)の生えた野を司る神で、生活環境に近い。

    

「鹿屋野比売神(野の神)」は伊弉諾命(いざなぎのみこと)と伊弉冉命(いざなみのみこと)の「神生み」により、風の神(志那津比古神、しなつひこのかみ)・木の神(久々能智神、くくのちのかみ)・山の神(大山津見神、おおやまづみのかみ)と共に生まれた。 

野椎神(女神)と大山津見神(男神・大山祇神)は八柱の神を生んだ。

八柱の神は、天之狭土神(あめのさつちのかみ)・国之狭土神、天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)・国之狭霧神、天之闇戸神(あめのくらとのかみ)・国之闇戸神、大戸惑子神(おおとまどいこのかみ)・大戸惑女神(おおとまどいめのかみ)。

   

草野姫命(かやのひめのみこと、鹿屋野比売神)は、伊勢神宮外宮の摂社・清野井庭神社(きよのいばじんじゃ、伊勢市常磐1丁目8番)で灌漑用水の神として祀られている。

伊勢国度会郡(わたらいぐん)に鎮座。鎮座地は古くは清野と云われ、清野の井庭(いば、堰)を守る神社。

草野姫命は女神だが、清野井庭神社の千木は外切り、鰹木は3本の男神仕様になっている。伊勢神宮外宮の男神仕様に合わせているのか・・・

野椎神(のづちのかみ)_d0287413_20212181.jpg

草野姫命は屋船大神(やふねのおおかみ)の分霊とも云う。屋船大神は、屋船久久能智命(やふねくくのちのみこと、木の神)と屋船豊受気姫命(茅・草の神)の総称で、御殿・家屋の神。

現在でも住宅などの上棟式で屋船の神が勧請されることがある。

草野姫(鹿屋野比売)は、屋根材に使われる萱(かや)と通じるので「家屋の守護神」とされているが、漬物やタバコの産地でも祀られている。

愛知県あま市の萱津神社(かやづじんじゃ、祭神・鹿屋野比売神)境内には「漬物祖神・鹿屋野比売神」の大きな像が立てられている。

地図の「拡大地図を表示」をクリックして写真をクリックしてください。



萱(かや、茅)は、6月と12月の厄除け、魔除けの祓いとして「茅の輪くぐり」にも使われている。


印南神吉


# by enki-eden | 2024-05-09 00:01

八坂神社(西脇市)

兵庫県西脇市野村町1796-17   

鳥居前に車を1台停められるが、東隣の野村公園駐車場にも停められる。

祭神 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、

    天照大神(あまてらすおおかみ、皇祖)、

    建御名方神(たけみなかたのかみ、大国主命と沼河姫の子神、諏訪神)、

    素戔嗚尊(すさのおのみこと)   

    品陀別尊(ほんだわけのみこと、15代応神天皇)、

    蛭子命(ひるこのみこと)、

    倉稲魂命(うかのみたまのみこと、素戔嗚尊と神大市姫の子神、稲荷神)、

    大年神(おおとしのかみ、素戔嗚尊と神大市姫の子神)。

当社は「大津神社」が兼務している。   

加古川に杉原川と野間川が合流する間の地に鎮座。



南入口の鳥居、東西にも鳥居がある。

道路の右は野村公園駐車場。

八坂神社(西脇市)_d0287413_20283833.jpg

拝殿

八坂神社(西脇市)_d0287413_20285309.jpg

八坂神社(西脇市)_d0287413_20290604.jpg

本殿

八坂神社(西脇市)_d0287413_20292002.jpg

八坂神社(西脇市)_d0287413_20293343.jpg

八坂神社(西脇市)_d0287413_20294679.jpg

拝殿の左に稲荷神社(光山稲荷大明神)。

八坂神社(西脇市)_d0287413_20295927.jpg

八坂神社(西脇市)_d0287413_20301284.jpg

稲荷神社後方の大きな木にサルノコシカケ。

八坂神社(西脇市)_d0287413_20302796.jpg

シンビジウム

八坂神社(西脇市)_d0287413_20304505.jpg


印南神吉


# by enki-eden | 2024-05-04 00:03