古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

発掘された骨たち

 神戸市教育委員会の主催で「発掘された骨たち」と題した企画が神戸市埋蔵文化財センターにて開催されています。
 場所は西神中央公園内で、神戸市西区糀台6丁目1、電話は078‐992‐0656です。

 赤のアイコンが神戸市埋蔵文化財センター、青が新方遺跡、黄が五色塚古墳、
 緑が舞子浜遺跡。


   神戸市垂水区多聞町字小束山の「高塚山1号墳」の石室を埋蔵文化センターの
   前に移築・復元した。古墳時代後期の古墳で横穴式石室墳。玄室の奥行きよりも
   横幅が長いT字形の石室で近畿では珍しい形です。
d0287413_21181643.jpg

   神戸市埋蔵文化財センター
d0287413_21184412.jpg

     入口ロビーに展示のアケボノゾウ(アカシゾウ)。
     神戸市西区伊川谷町で発見された。肩の高さ約1.8m。
d0287413_21192336.jpg

     ロビーに展示の国宝・桜ヶ丘銅鐸6号鐸の復元品。
d0287413_2120516.jpg

   ロビーに展示の箱式石棺。神戸市西区伊川谷町別府の天王山古墳群5号墳。
   凝灰質砂岩を板状に加工し、同じ石材の石枕もあります。
   棺の内面は赤色顔料で塗られています。4世紀の古墳時代前期のもの。
   天王山古墳の近くには小さいですが大歳神社が鎮座、一度参拝したことがあります。
d0287413_21205511.jpg

   常設展の埴輪。左から五色塚古墳の鰭付朝顔形円筒埴輪(4世紀)、
   舞子浜遺跡の鰭付円筒埴輪(4世紀)、白水瓢塚古墳の円筒埴輪(4世紀)、
   白水瓢塚古墳の朝顔形円筒埴輪(4世紀)
d0287413_21212716.jpg

   柵に囲まれた豪族の建物、神戸市長田区の松野遺跡(6世紀はじめ)。
d0287413_21214812.jpg

   展示室の背後に収蔵展示室があり、ガラス越しに収蔵品を見学できます。
   写真は五色塚古墳出土の円筒埴輪です。2,200本の内の600本を復元
   しています。五色塚古墳については3月6日(水)の投稿を御覧ください。
d0287413_2122840.jpg

     神戸市西区新方(しんぽう)遺跡のパネル
      (弥生時代前期の墓地、約2,200年前)
d0287413_21222983.jpg

     新方遺跡の人骨のパネル(身長158cm、40~60才の男性)
d0287413_21224917.jpg

     新方遺跡木棺墓の20~30才男性の人骨。
     犬歯を抜歯し、右手に鹿の角でできた指輪をしています。
     身長は160cm、脚を交差させ、うつ伏せに寝かされていました。
d0287413_21232241.jpg

     新方遺跡のイノシシの骨
d0287413_21233954.jpg

     新方遺跡のイノシシの祭り
d0287413_21235641.jpg

d0287413_2124114.jpg

   新方遺跡の卜骨(ぼっこつ)を使った占いとイノシシの肩甲骨製卜骨
d0287413_21243156.jpg

d0287413_21244292.jpg

   左は新方遺跡出土の頭骨、20~40才の男性で上下の犬歯を抜歯している。
   右は神戸市垂水区の舞子浜遺跡(5世紀の古墳時代)の頭骨を複製したもので、
   円筒埴輪棺に葬られていた。身長150~153cmの40~60才の男性。
d0287413_2125324.jpg

   舞子浜遺跡の円筒埴輪棺埋葬人骨(舞子浜遺跡では、埴輪を棺として
   砂丘上に葬られた墓が多く見つかっている。5世紀の古墳時代。)
d0287413_21251881.jpg

    上は鉄製大刀、下は鉄剣
     (神戸市東灘区の住吉宮町遺跡出土、6世紀の古墳時代)
d0287413_21255576.jpg

    馬具(神戸市垂水区の狩口台きつね塚古墳、7世紀)
d0287413_21262838.jpg

[PR]
by enki-eden | 2013-07-25 00:06