古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

神宝神社(かんだからじんじゃ)と天皇社

 神宝神社
 (熊野社)   奈良県桜井市三輪字大宮川上   大神神社末社
 祭神: (熊野三神)家都御子神、熊野夫須美神、御子速玉神。
      (けつみこのかみ、くまのふすみのかみ、みこはやたまのかみ)
 本殿は春日造り、銅板葺き。大神神社の右奥に鎮座。
 由緒によると、祭神は室町時代の神社資料に「熊野権現」と記され、熊野三神をお祀りしています。 元日未明、大神神社の<ご神火(しんか)祭り>繞道祭(にょうどうさい)の十八社巡りにおいて、三ツ鳥居から出た御神火が捧げられ、最初に祭典が営まれる神社です。 古くから三宝荒神の信仰もあり、また財宝の神として 広く崇敬されています。
     大神神社三つ鳥居
d0287413_13311112.jpg

     神宝神社鳥居
d0287413_13315440.jpg

     神宝神社の由来
d0287413_1332729.jpg

     神宝神社本殿
d0287413_13322174.jpg


天皇社
 奈良県桜井市三輪字天王山   大神神社末社
 祭神: 御真木入日子印恵命(みまきいりひこいにゑのみこと、10代祟神天皇)
 本殿は神明造り、桧皮葺き。神宝神社に隣接しています。
 奉讃祭(ほうさんさい)では斎主拝礼のあと巫女が舞う神楽「磯城の舞(しきのまい)」が奉奏されます。
      三輪山パンフレット(青い矢印が神宝神社、赤が天皇社)
d0287413_13341721.jpg

     天皇社鳥居
d0287413_13345189.jpg

     天皇社の由来
d0287413_13353326.jpg

     天皇社本殿
d0287413_13355273.jpg

[PR]
by enki-eden | 2013-08-10 00:03