古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

埴輪(2)

 「神戸の埴輪大集合」が開催されています。
 神戸市西区糀台6丁目1  神戸市埋蔵文化財センター  電:078‐992‐0656
 主催:神戸市教育委員会   10月5日(土)から11月24日(日)まで


     神戸市埋蔵文化財センター
d0287413_13345912.jpg

 岡山県総社市の宮山遺跡(弥生時代後期)で特殊器台(国指定重要文化財)と特殊壷が出土していますが、この特殊器台(レプリカ)は円筒棺として使われました。
d0287413_13352495.jpg

 神戸市東灘区の住吉宮町遺跡(古墳時代中期)出土の「入れ墨のある人物埴輪」、加古川市野口町の坂元遺跡(古墳時代後期)出土の武人埴輪、神戸市西区玉津町高津橋の高津橋大塚古墳(古墳時代後期)の巫女形埴輪。
d0287413_13354990.jpg

   左は住吉東古墳の馬形埴輪、右は住吉宮町遺跡の馬形埴輪。
d0287413_13361626.jpg

 古墳時代中期の住吉東古墳は円筒埴輪・馬形埴輪・朝顔形埴輪などの埴輪列が良く残っています。
d0287413_13363783.jpg

   神戸市西区玉津町出合の亀塚古墳(古墳時代後期)の円筒埴輪。
d0287413_1337229.jpg


古墳を彩る形象埴輪
 古墳時代中期(5世紀前半)の朝来市和田山町平野の池田古墳(但馬最大で141mの前方後円墳)の堀底から出土した23体の水鳥形埴輪。この数は全国でも最多で、応神天皇陵出土の15体を上回ります。
 池田古墳はすべてにおいて畿内の要素が強く、大和政権の強い影響下で造られました。但馬・丹後最大の王墓と考えられます。
 但馬国考古学については、8月19日(月)の投稿をご覧ください。
d0287413_13375498.jpg

d0287413_13381178.jpg

d0287413_13382535.jpg

d0287413_13384216.jpg

 加古川流域の西条古墳群(加古川市山手)の行者塚古墳は古墳時代中期(5世紀初め)の前方後円墳です。全長100m、造り出しには多くの埴輪が出土しました。家形埴輪も多く見つかりました。屋根に千木と鰭をつけた埴輪は全国でも珍しいものです。
 行者塚古墳については10月21日頃に投稿できると思います。
d0287413_1339123.jpg

d0287413_13392848.jpg

d0287413_13394633.jpg

d0287413_13395995.jpg

d0287413_13401679.jpg

 6世紀築造(古墳時代後期)の加古川市野口町の坂元遺跡では円筒埴輪や形象埴輪が見つかっています。
d0287413_13403897.jpg

 盾形埴輪の一種に石見型(いわみがた)埴輪があります。奈良県橿原市石見遺跡の出土品を基に石見型と呼ばれています。
 この石見型盾形埴輪は、形状から盾形埴輪の一種として分類されていますが、研究により盾を模したものではなく、権威を象徴する杖である玉杖(ぎょくじょう)の形との関連性が考えられるようになりました。
 石見型埴輪。左は明石市魚住町長坂寺の寺山古墳(15mの円墳、古墳時代)出土、右は神戸市西区玉津町高津橋の高津橋大塚古墳(20mの円墳、古墳時代中期)出土。
d0287413_13411347.jpg

[PR]
by enki-eden | 2013-10-15 00:07