古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

松尾大社(まつのおたいしゃ)①

 京都市西京区嵐山宮町3  電 075-871-5016 無料駐車場あります。
 祭神 大山咋神(おおやまくいのかみ)、
    市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。
 創建 701年(42代文武天皇の時代)


 松尾大社は当地に居住した秦氏の創建で、酒造の神としても信仰されています。本殿は「松尾造り」の中では最古のものです。他に宗像大社と厳島神社があります。
 背後の松尾山(223m)には松尾社の古社地に磐座があります。磐座の神を701年に秦忌寸都理(はたのいみきとり)が社殿を建造して移したものです。平安遷都以降、松尾の猛神と呼ばれ都鎮護の神として崇敬されています。
 摂社末社の中の四大神社、衣手社、三宮社、月読社、宗像社、櫟谷(いちたに)社と本社を合わせて松尾七社と呼ばれています。

 神社の説明によると、赤鳥居の上部に柱と柱を結ぶ注連縄があり、それに榊の小枝を束ねたものが数多く垂れ下っていますが、これは「脇勧請」というもので、榊の束数は平年は12本、閏年は13本吊り下げる慣わしとなっています。この形は鳥居の原始形式を示すもので、太古の昔、参道の両側に二本の木を植えて神を迎え、間に縄を張り、その年の月数だけの細縄を垂れて、月々の農作物の出来具合を占ったようです。

   参道と二の鳥居。鳥居の注連縄に榊が下がっています。扁額は松尾大神。
d0287413_16573516.jpg

   立派な楼門
d0287413_16575829.jpg

   説明板
d0287413_16581436.jpg

   拝殿、干支の大きな絵馬が飾られています。
d0287413_16583768.jpg

d0287413_16585037.jpg

   手水舎の亀、当社の神使いは亀です。
d0287413_16591444.jpg

   撫で亀さん。
d0287413_16593239.jpg

d0287413_16594726.jpg

   神輿庫、酒の神様だけあってたくさんの酒樽が奉納されています。
d0287413_17089.jpg

   相生の松、恋愛成就・夫婦和合。
d0287413_1702838.jpg

d0287413_1704119.jpg

   幸運の撫で亀、寿命長久・家庭円満。
d0287413_171396.jpg

   重軽の石
d0287413_171279.jpg

   釣殿と回廊
d0287413_1714815.jpg

d0287413_172827.jpg

 松尾造りの本殿は重要文化財で1397年築造。この造りは他に宗像大社と厳島神社のみ。屋根は両流れ造りになっており、千木と鰹木がありません。
d0287413_172421.jpg

[PR]
by enki-eden | 2014-01-13 00:07