古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

竜山石(たつやまいし、宝殿石)

 兵庫県高砂市の伊保山、竜山などに産する竜山石(たつやまいし)は凝灰岩(ぎょうかいがん)です。凝灰岩は火山灰が堆積してできた堆積岩で、色は様々です。生成条件により数種類に分類されますが、竜山石は流紋岩質凝灰岩です。
 他の凝灰岩に較べると加工しやすく丈夫で、強度は花崗岩と同じくらいです。古墳時代の石棺として奈良県葛城市の二上山(にじょうざん、ふたかみやま)の凝灰岩とともによく使われています。
 竜山石や二上山石は近畿だけではなく、周辺地域でも石棺として使われました。
 赤のアイコンは竜山、黄は播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ)御陵


     二上山


   竜山石採石場(現在でも石材として採石されている。生石神社境内から撮影。)
d0287413_16281916.jpg

   篠山市の雲部車塚古墳の長持形石棺(5世紀)復元、兵庫県立考古博物館展示
d0287413_16284411.jpg

 古墳時代の石棺の形は、前期・中期の刳抜き式石棺(割竹形、舟形)、中期後期の組合せ式石棺(長持形、家形)、後期の刳抜き式家形石棺などがありますが、石棺の材質分析から産地を推定できます。
 石材の種類は竜山石と二上山の凝灰岩のほかに、鷲ノ山石(香川県綾歌郡国分寺町の石英安山岩質凝灰岩)、九州の阿蘇溶結凝灰岩などがあります。

 阿蘇石の使用例は、熊本県宇土市の鴨篭(かもご)古墳の家形石棺、熊本県玉名市の江田船山古墳の組合せ式家形石棺、奈良市南京終町(みなみきょうばてちょう)の野神古墳の初期家形石棺、奈良県桜井市の兜塚古墳の石棺、奈良県橿原市の植山古墳の石棺、京都府八幡市の八幡茶臼山古墳の舟形石棺、滋賀県野洲市の甲塚古墳と円山古墳の石棺、岡山市北区の造山古墳の長持形石棺などがあります。宇土市から奈良県までの海路は1,000kmほどもあります。阿蘇ピンク石は他には無く、特定の人物だけにしか手に入らなかったでしょう。

 二上山白色凝灰岩の使用例は、奈良県桜井市の赤坂天王山古墳の刳抜き式石棺、奈良県生駒郡平群町のツボリ山古墳の刳抜き式家形石棺、奈良県桜井市のホケノ山古墳の石棺、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の石棺などがあります。

 竜山石の使用例は、王墓を始めとして、岡山市北浦の八幡(やはた)大塚2号墳の組合せ式家形石棺、奈良県桜井市の艸墓(くさはか)古墳の刳抜き式家形石棺、奈良県広陵町の牧野古墳の組合せ式家形石棺、大阪府茨木市の耳原古墳の刳抜き式家形石棺と組合せ式家形石棺など非常にたくさんあります。

 石材を調べると、大きな石を播磨・四国・九州から大和・近江にまで運んだことが分かります。阿蘇ピンク石(熊本県宇土市網津町の馬門石、まかどいし)は美しく、皇族や有力豪族に人気があったようですよ。邪馬台国時代に熊本・阿蘇は狗奴国の領地でした。
 馬門の石切り場近くに牧神社がありますが、ご神体を含め石製品は全てピンク石だそうです。地図で見ると九州では少ない大歳神社も石切り場の近くにありますね。兵庫県には非常に多い神社です。島根県にも多いです。出雲国風土記には神須佐乃烏命(素戔嗚命)の子に大歳神が記されています。
 九州でも阿蘇ピンク石の石棺は少ないと思いますが、兵庫県では、たつの市御津町に一基発見されています。

 神戸新聞の記事によりますと、『竜山石調査団が2004年に「竜山の上に山の神を祀る祠(ほこら)がある」と聞き、現地に行った。生石神社(おうしこじんじゃ)の宮司により扉が開けられると、木札に「火明神(ほあかりのかみ)」と書かれていた。木札は江戸時代後期のものである。』とあります。
 生石神社(おうしこじんじゃ)については、昨年4月29日(月)投稿の「生石神社」をご覧ください。

 5世紀から6世紀の古墳時代後半に大和朝廷のもとで氏姓制度のしくみが執られ、各豪族が朝廷の職務を分担していました。それぞれの氏族を統轄する首長を伴造(とものみやつこ)といいます。
 この時代に石棺・石人石馬などの石造りを担当していたのが石作連(いしづくりのむらじ)で、尾張氏と同族ですから火明命を祖神と仰いでいます。播磨国風土記には火明命は大汝命の子となっています。
 私見ですが、火明命は素戔嗚命と同じく西暦140年頃の出生、大汝命(大国主命・大己貴命)は160年頃の出生と見ています。
 石作氏は石作連を頭として、石作造(みやつこ)・石作首(おびと)→石作→石作部といった部民制の統括集団でした。播磨国風土記に、石作氏は神功皇后から14代仲哀天皇の石棺造りに讃岐国(香川県)の石材を使うよう命じられ探しましたが、最終的には播磨国の石宝殿で竜山石にたどり着きました。

 また、仲哀天皇の父は日本武尊で、日本武尊の母が播磨国風土記では印南別嬢(いなみのわきいらつめ)、日本書紀では播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ)です。従って日本武尊(幼名は小碓、日本童男)は播磨で生まれているはずです。播磨風土記には印南別嬢の記載はありますが、日本武尊の記載がありません。生後すぐに大和へ移住したか、あるいは大和で生まれたのでしょうか。素戔嗚命の八岐大蛇退治が出雲国風土記に記されていないのと似ています。
 私のブログ名の印南は印南郡(いんなみぐん)からとっています。現在は兵庫県加古川市になっていますが、私が子供の頃は兵庫県印南郡でした。
   播磨稲日大郎姫の日岡御陵
d0287413_1630443.jpg

[PR]
by enki-eden | 2014-01-28 00:17