古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

5代孝昭天皇(観松彦香殖稲天皇、みまつひこかえしねのすめらみこと)

 孝昭天皇の母は息石耳(おきそみみ)命の娘で天豊津媛命。
 宮を掖上(わきがみ)の池心宮(いけごころのみや、奈良県御所市池之内)に移した。
 (推定256年頃)
 地名の掖上は「わき」が「若」、「かみ」は「神」で、「若神」の事といわれています。
 初期の大和王朝は葛城王朝と云われ、葛城氏・尾張氏・海部氏などと関係が深い。
 日本書紀によると、孝昭天皇の皇后は世襲足媛(よそたらしひめ、尾張氏)、子は天足彦国押人命(和珥氏・春日氏の先祖)と日本足彦国押人天皇(6代孝安天皇)になっています。
 私見による孝昭天皇の生年推定は215年頃、崩御年推定は268年頃。筑紫では卑弥呼と臺與の邪馬台国の時代です。

   赤のアイコンが掖上の宮、黄が孝昭天皇陵(鴨都波神社の350m南)。


     孝昭天皇陵(奈良県御所市三室字博多山)
     掖上博多山上陵(わきのかみのはかたのやまのかみのみささぎ)
d0287413_10253561.jpg

       孝昭天皇陵遥拝所
d0287413_1026113.jpg

d0287413_10261640.jpg

d0287413_10263022.jpg

d0287413_1027891.jpg

      陵墓の東南中腹に孝照宮(孝昭天皇神社)が鎮座
d0287413_10272580.jpg

d0287413_10273680.jpg

      二の鳥居
d0287413_10275883.jpg

      二の鳥居を振り返る
d0287413_10281228.jpg

      拝殿
d0287413_10282384.jpg

d0287413_10283391.jpg

      本殿
d0287413_10284485.jpg

d0287413_10285613.jpg

      桜が咲き始めました。(3月27日撮影)
d0287413_10291439.jpg

      山の下から孝照宮を望む
d0287413_10292858.jpg

[PR]
by enki-eden | 2014-04-30 00:14