古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

和田神社と三石神社(神戸市)

和田神社
 神戸市兵庫区和田宮通3丁目2-45  電078-652-1551 無料駐車場あります。
 祭神 天御中主大神(宇宙大元の大神)
 相殿 市杵嶋姫大神(弁天さん、陸海交通安全守護)、蛭子大神(戎さん、商漁業守護)

    ご朱印
d0287413_1793049.jpg



 神社の由緒によると、『元の神域は800m東南の海岸にあり(現・三菱重工業)、「蛭子の森」と呼ばれ、神代の昔に蛭子大神が鎮座の霊地を求めて淡路から本州に上陸した最初の地が和田岬で、蛭子大神が祀られた摂津国最古の聖地です。

 1173年に平清盛が兵庫津(神戸港)を築造した際、工事が難渋したので安芸の宮島より市杵嶋姫大神を勧請した。

 1658年に武庫川の氾濫で岡田宮(岡太神社、西宮市小松南町2丁目2-8)のご神体(天御中主大神の坐す御輿)がこの地に流れ着き種々の神異をあらわしたので、社殿を大造営し天御中主大神を主神に、市杵嶋姫大神と蛭子大神を相殿にお祀りした。

 これより後は南浜の総氏神として親しまれ、庭園は天下の名林泉として有名で諸大名が参勤交代の折に立ち寄られ、幕末には勝海舟、14代将軍家茂、15代将軍慶喜、勤皇の志士達が参拝、明治維新の一舞台となった。

 風光明媚なこの地も国策による近代化で造船所が建設され、1902年(明治35年)に現社地に遷座した。』とあります。

 三菱重工業神戸造船所の敷地内に和田岬砲台跡(国史跡)があり、勝海舟の設計で1864年完成。
    和田砲台跡(三菱重工業の資料による)
d0287413_17131082.jpg

    東の大鳥居
d0287413_17141175.jpg

    南の鳥居、奥に拝殿が見える。
d0287413_17142759.jpg

    拝殿
d0287413_17403287.jpg

d0287413_17144882.jpg

d0287413_17151282.jpg

d0287413_17152552.jpg

    本殿
d0287413_1716051.jpg

    拝殿前の祓所
d0287413_17235977.jpg

    高倉稲荷神社(倉稲魂神)、京都伏見稲荷大社から勧請。
d0287413_17242646.jpg

d0287413_17243897.jpg

    巳塚、和田神社の神使いとして古来より崇敬されてきた白蛇を祀る。
d0287413_17245178.jpg

    右の秋葉神社(忌火産霊神、いみびむすひのかみ)と
    左の猿田彦社(猿田彦神と天宇受売神)
d0287413_17251956.jpg

    宮比神社(みやびじんじゃ、大宮能咩神、大山衹神、大地主神ほか)
d0287413_17253195.jpg


三石神社(みついしじんじゃ)
 和田神社の南に隣接して三石神社が鎮座。
 神戸市兵庫区和田宮通3丁目2-51  電078-671-2531
 祭神 神功皇后、天照皇大神、素戔嗚大神
 創建は33代推古天皇の頃(7世紀初め)

   入り口の鳥居
d0287413_17254960.jpg

 拝殿。前に神功皇后と応神天皇を抱く武内宿禰の像。神功皇后は若く武内宿禰は老人として描かれるが、両者は私見では10年ほどしか違わない。
d0287413_17261735.jpg

[PR]
by enki-eden | 2014-12-24 00:03