古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

廣畑天満宮(ひろはたてんまんぐう、姫路市)

 学問の神様
 兵庫県姫路市広畑区北野町2-3  電079-236-0853  無料駐車場あります。
 祭神 天満大神(菅原道真公)、
    蛭子大神(事代主神)、春日大神(天児屋根命)。

創建 
 715年以前に祀られていた廣辻神社に始まる。現在、廣辻神社は廣畑天満宮の境内社になっている。
 1869年に京都の北野神社(現・北野天満宮)から勧請し、播磨国飾西郡(しきさいぐん)廣畑村の氏宮「天満社」として建立された。それで地名を北野町と云う。
 神社の東を流れる夢前川(ゆめさきがわ)沿いに祀られていた蛭子大神と天児屋根命を迎え合祀した。

「天満社」の創建以前は、廣畑村は夢前川東対岸の英賀神社(あがじんじゃ)を氏宮としていた。江戸末期1863年の英賀神社例祭日に廣畑村と英賀村の太鼓屋台が衝突し、騒動が起きた。
 廣畑村は領主からお咎めを受け、屋台を禁止された。それで廣畑村は英賀神社の氏子から離れて自らの氏宮を創建する計画を姫路藩庁に申請し許可されたので、社殿を建設し1869年(明治2年)に完成した。
 1939年に日本製鐵広畑製鐵所が当地の南方に建設され、鉄の町として発展していった。10月15日には秋祭りと広畑製鐵所創業記念祭が執り行われる。

   赤のアイコンが廣畑天満宮、黄が英賀神社、青が広畑製鐵所。


   南の鳥居、「廣畑天満宮」の神額は両部額。
d0287413_10332595.jpg

   手水舎
d0287413_10334098.jpg

   拝殿、「天満宮」の神額も両部額。
d0287413_10335267.jpg

d0287413_1034473.jpg

d0287413_1034174.jpg

d0287413_1034305.jpg

   本殿
d0287413_10344272.jpg

 廣辻神社(廣辻大神)、西暦715年以前に霊泉「御水が池」の畔にお祀りしていた。901年に菅原道真公が大宰府へ向かう途中に当地へ上陸、人々は道真公の御人格に敬仰した。
d0287413_1035263.jpg

 廣辻八幡宮、祭神は品陀別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后)、比売神。
d0287413_10351564.jpg

   大年神社(寿福社)、祭神は大年神、香過槌神、猿田彦命。
d0287413_10361152.jpg

d0287413_10362381.jpg

 右から、龍神社(倉稲魂神、水波能女神)、琴平神社(大物主神、伊和大神、品陀別命)厳島神社(市杵島姫命、田心姫命、瑞津姫命)、太古神社(射目崎神、いめさきのかみ)。
 射目崎(いめさき)は当社の東を流れる夢前(ゆめさき)川の語源になった。
d0287413_10363777.jpg

d0287413_10364897.jpg

   司馬遼太郎文学碑、祖父・福田惣八が廣畑村の出身による。
d0287413_10365979.jpg

d0287413_10371184.jpg

   忠魂碑(氏子の戦没者を祀る)
d0287413_10372325.jpg

[PR]
by enki-eden | 2015-08-10 00:12