古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

大年神社と見野古墳群(姫路市四郷町)

大年神社
 兵庫県姫路市四郷町(しごうちょう)見野(みの)601  駐車場なし。
 祭神 大年神(おおとしのかみ)、東向きに鎮座。

 兵庫県には大年神社(大歳神社)が400社近くもあり、大きな信仰を
集めている。

 埋蔵文化財センターの南1.5kmに大年神社(赤)と見野古墳群(黄)がある。


 兵庫県神社庁の解説によると、『当社の鎮座地は、見野西集落のほぼ南端で西に山を背負い八家川(やかがわ)を前にしたところに位置している。創建時期は不詳であるが、見野地区においては古くから「西大年」と呼ばれ見野西地区の氏宮として祀られている。
 明治7年に村社に列せられた。昭和16年(1941年)になって、紀元2600年の記念事業として本殿、幣殿、拝殿の三殿を改築し、井戸屋形を新築して従来の左右二様式の玉垣を一様式に改めた。
 また、新たに石の大鳥居を建立し、正面の敷石を布設し、狛犬及び石灯篭を奉献してほぼ現在の社殿配置が完成した。祭神は大年神で典型的な農業神である。』とあります。

 当社の横を流れる八家川(やかがわ)が播磨灘に注ぐ河口流域は岩石海岸で、川の東海岸の姫路市的形町福泊(まとがたちょうふくどまり)498に八家地蔵(やかじぞう)があります。姫路市指定の重要有形文化財にもなっており、古くから信仰を集めています。私も2010年の5月にお参りしたことを思い出しました。

  石の大鳥居
d0287413_1333014.jpg

  拝殿
d0287413_13331381.jpg

d0287413_13332443.jpg

  幣殿と本殿
d0287413_13333775.jpg

d0287413_13335094.jpg

  大歳神(饒速日命)系図
d0287413_13341171.jpg


見野古墳群(姫路市重要有形文化財)
 姫路市四郷町見野
 見野古墳群の公園前に車を停められます。少し北に「見野の郷 交流館」(電 079-252-6659)があるので、そちらでも車を停められ、資料ももらえます。どちらにもトイレがあります。
d0287413_13344343.jpg

d0287413_13345644.jpg

 姫路市四郷町には宮山古墳、坂元山古墳群、中鈴山古墳、火山(ひのやま)古墳群、長塚古墳、見野古墳群、阿保古墳群(阿保の百穴)などがあり、古墳の町として知られる。

 6号墳は双室墳、夫婦塚とも云い、一つの墳丘に二つの横穴式石室が東西に並んでいる。築造は6世紀中頃から7世紀初頭ですから、古墳時代終末期か飛鳥時代に入っていたかもしれません。
d0287413_13352343.jpg

  東側から
d0287413_13353693.jpg

  北側から
d0287413_1335513.jpg

  6号墳東側の石室
d0287413_1336795.jpg

  6号墳西側の石室
d0287413_13362195.jpg

 10号墳(姫路の石舞台)、7世紀中頃の飛鳥時代に築造、当古墳群で最大。
d0287413_13364821.jpg

d0287413_1337126.jpg

d0287413_13371324.jpg

d0287413_13372850.jpg

   4号墳
d0287413_13374272.jpg

   7号墳
d0287413_13375616.jpg

   12号墳
d0287413_13381061.jpg

   14号墳
d0287413_13382373.jpg

[PR]
by enki-eden | 2015-11-18 00:24