古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

八幡神

 宇佐神宮の祭神は、八幡大神(15代応神天皇)、比売大神(多岐津姫命、市杵嶋姫命、多紀理姫命)、神功皇后で、神亀2年(725年、45代聖武天皇の時)に創建された。全国4万社の八幡神社の総本宮である。
 地元では宇佐神宮創建前は比売大神を祀っていたが、571年(29代欽明天皇の時)に応神天皇の神霊が宇佐の地に示顕した。

 725年に応神天皇を祀る宇佐神宮を創建し、神託により天平3年(731年)に地元で古くから崇敬されていた比売大神を二之御殿にお祀りした。
 宇佐神宮は聖武天皇(701年-756年)の東大寺大仏建立(752年)に多くの貢献をし、配下にあった香春岳(かわらだけ)の銅を提供、大仏鋳造作業にも協力した。
 東大寺は大仏建立に協力した宇佐八幡神を勧請して手向山八幡宮を東大寺の鎮守社とした。そして八幡神は八幡大菩薩となり神仏習合の元となる。
 また宇佐神宮は神託により、神功皇后を弘仁14年(823年、52代嵯峨天皇の時)に三之御殿にお祀りした。宇佐神宮は伊勢神宮に次ぐ宗廟として皇室から崇敬され、本殿は国宝となっている。

 宇佐神宮は宇佐氏の磐座信仰が当初の形態のようです。宇佐氏は香春岳山麓から中津市の大貞八幡宮薦神社(おおさだはちまんぐう・こもじんじゃ)に移り、神官を務めていたと考えられている。
 そして、素戔嗚の子・五十猛命(いそたける)が始祖と云う辛嶋氏が比売大神信仰をもたらせた。

 宇佐神宮の「奥宮」は南東5kmにある御許山(おもとさん、647m)の大元神社で、山の9合目に拝殿があり本殿はなく山頂の磐座(禁足地)がご神体となっている。
 ここに比売大神三柱が降臨したと云われる。そして大元神社に向かい合っている境内社は大元八坂神社で祭神は比売大神の父神・須佐男命です。
 奥宮の大元神社の祭神が比売大神と須佐男命で、後に応神天皇と神功皇后が祀られて宇佐神宮の創建となったようです。
 比売大神の三女神は宗像大社にも祀られているが、宗像大社の本来の祭神・大国主命が比売大神に替えられた。素戔嗚の系図を示します。図をクリックしてプラスマークをクリックすると拡大します。
d0287413_943335.jpg

 海部氏の勘注系図によると、
 火明命娶佐手依姫命 生穂屋姫命 佐手依姫命者 亦名市杵嶋姫命
(火明命は佐手依姫命を娶り、穂屋姫命を生む。佐手依姫命の別名は市杵嶋姫命である。)
 海部氏と尾張氏の祖である天火明命は西暦140年頃の出生で、速吸瀬戸から周防灘に至る海域を統括していたのでしょう。
 天火明命の妃は佐手依姫と天道日女で、どちらも津島(対馬)の出身です。古事記の国生み記事では、対馬を「天の狭手依比売」と呼んでいる。そして市寸島比売命の亦の名を狭依毘売命と云っている。
 天火明命の子である天香語山とその子・天牟良雲は西暦185年頃の饒速日東遷に従った。また、天道日女の父の天日神命(対馬県主祖)も饒速日東遷に従った。

 2世紀に活躍した素戔嗚と饒速日親子は宇佐を拠点とし、饒速日は当地から瀬戸内海を東進、大和国を造る。後裔は東海、関東、東北にまで進出して開拓する。

 京都府八幡市(やわたし)の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は平安時代前期に宇佐神宮から勧請され、京都御所の裏鬼門を守護する神社として皇室や源氏から崇敬された。源義家(1039年-1106年)は石清水八幡宮で元服し、八幡太郎義家と名乗った。
 源頼朝(1147年-1199年)ゆかりの鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう、神奈川県鎌倉市)は源氏と鎌倉武士の守護神となった。

 八幡神は清和源氏、桓武平氏などから武神・弓矢八幡として崇敬された。しかし、宇佐神宮の大宮司・宇佐公通(うさのきんみち、豊前国司兼務、1194年頃没)は平清盛(1118年-1181年)の娘を正妻としたので、源平合戦の時に平氏の味方をした。これにより宇佐神宮が源氏の焼き討ちに遭い、ご神体や古文書が強奪されてしまったので古い記録が残っていない。

 八幡神社や八幡神信仰は秦氏と関係が深いと云われるが、秦氏は応神天皇の時(4世紀末)に宇佐に渡来して、大和、山背、丹後など全国に移り住み、八幡信仰を広めた。

 幡宮、坂神社、雲、重垣、岐大蛇、王子など、は素戔嗚の聖数です。「本来の八幡神は素戔嗚尊と比売大神であったが、素戔嗚尊は追い出された。」という説を展開しておられる人もあります。
 その説によると、全国に四万社を超える八幡神社があり、八幡神が源氏や武家の守護神となったのは素戔嗚が最高の武神だったからで、「宇佐」は「須佐」の転訛だと云います。

 素戔嗚は平安時代の災害続きの後は「厄除けの神」として信仰されているが、八幡神も同じように「厄除けの神」として信仰されている。社名にも「多井畑厄除八幡宮」、「宗佐厄神八幡神社」などのように厄除、厄神を入れている神社もあります。

 神社の拝礼方法は、「二拝、二拍手、一拝」ですが、宇佐神宮と出雲大社の拝礼は、「二拝、四拍手、一拝」です。そして宇佐神宮二之御殿の床下に墳墓があるという伝承が残っている。
 2012年12月17日投稿の「注連縄の向きが逆の神社」をご参照ください。
[PR]
by enki-eden | 2016-04-25 05:37