古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

天王山古墳群(神戸市西区)

兵庫県神戸市西区天王山24   第2神明道路の南にある。
 標高80mの天王山頂上にある。帆立貝式古墳が1基(全長25m)、円墳が3基、方墳が3基の計7基が確認されたが、現在は天王山北公園として4基が整備されている。
 帆立貝式古墳からは木棺、石棺、土器棺と埴輪が出土した。




 見晴らしの良い丘で、360度見渡せる。淡路島や明石海峡大橋も見える。
d0287413_13362344.jpg

d0287413_13363399.jpg

d0287413_13364125.jpg


 「天下分け目の天王山」で有名な京都府乙訓郡大山崎町の天王山(270m)は、山上に牛頭天王を祀る山崎天王社があるので、山名を山崎山から天王山に変えた。現在では社名が自玉手祭来酒解神社(たまでよりまつりきたるさかとけじんじゃ)になっており、主祭神が大山祇神で相殿に素戔嗚尊が祀られている。大山祇神は酒解神(さかとけのかみ)とも云う。

 神戸市西区天王山も、山名・地名が天王山だから元々は牛頭天王(素戔嗚尊)が祀られていたのか。現存する神社名は大歳神社で祭神は豊宇気比売尊(とようけひめのみこと)になっている。

 天王山古墳群の神戸市教育委員会説明板によると、明石川の支流である「伊川」中流域を眼下に望む標高80mの丘陵上に築造された古墳群で、円墳3基、帆立貝式古墳1基、方墳3基で構成されていたが、現在はそのうちの4基が保存されている。
 古墳時代の初め頃は、明石川流域では前方後円墳は造られず、弥生時代からの方形墳が造られていた。
d0287413_133785.jpg

円墳は3基あり、1号墳と1号墳②は直径10mの円墳、2号墳は直径14.5mの円墳。
d0287413_13372480.jpg

d0287413_13373338.jpg

 3号墳は直径20mの円丘部の西側に長さ5mの造出部を付けた帆立貝式古墳で高さは2.5m。1号墳から3号墳までは古墳時代後期築造(6世紀)で、墳丘には円筒埴輪などが配列されていた。
 帆立貝式古墳は全国に400基以上存在し、古墳時代中期に築造されたものが多い。
d0287413_13374312.jpg

 4号墳は古墳時代前期築造の方墳で、東西16m×南北19mの土壙墓。割竹型木棺2基、土器、銅鏡(八禽鏡)、管玉、ガラス製小玉、鉄製ヤリガンナ、鉄製鍬先などが出土した。

 5号墳は一辺が約20mの方墳で、古墳時代前期の4世紀に造られた。一つの箱式石棺と三つの大きな木棺を確認している。箱式石棺は壊されていたが復元すると、15枚の凝灰質砂岩を組み合わせており、内寸2.3m、幅45cmであった。鉄剣、ガラス小玉などが出土している。
 この石棺は、神戸市埋蔵文化財センターに展示されており、蓋石が3枚、側石が各3枚、小口石が各1枚、底石が4枚の石板を箱型に組み合わせている。
 石枕全面と棺の内面に赤色顔料が塗られている。
d0287413_13381928.jpg

 4号墳と5号墳の被葬者は明石川流域を統治していた豪族だと考えられている。

 6号墳は一辺8mの方墳で、6世紀の築造。
[PR]
by enki-eden | 2016-08-31 00:28