古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

日本の安全保障政策

 古代史とは関係ありませんが、国際関係アナリストの北野幸伯氏によると、『ロシアのプーチン大統領が12月15日・16日に来日した。安倍総理との会談で、北方領土問題について具体的な進展がなかったことから、失望の声も聞かれる。
 しかし、もっと大局的視点から見れば、会談はロシアだけでなく、日本にとっても成功だったと言える。』

 私見ですが、ロシアが北方領土を日本に返還したと仮定すると、日米安保条約により米軍が駐留する可能性が極めて高くなります。駐留しなくても米軍による対ロ軍事活動は必ず発生します。
 米ロは厳しく対立しているので、ロシアが軍事的に圧倒的に不利になる北方領土返還に応ずることは決してありません。プーチン大統領は記者会見で、歯舞・色丹を返還する条約は結ばれているが、どのような形で返還するかは記されてないと発言しています。これは日本とアメリカは特別の関係にあり、歯舞・色丹に日米安保条約が適用されるのであれば返還は実行できないと云う意味です。
 日本は4島一括返還で統治権も日本に属することを主張していますが、これでは日露の立場が噛み合うことはありません。今後相当長期に亘り領土問題の進展はないでしょう。

 領土問題は重要ですが、いま日本にもっと重要なのは、日本を狙っている中国に対抗するためにアメリカとロシアを日本に引き付けておかなくてはなりません。とりわけロシアが中国一辺倒にならないように日露関係を政治的にも経済的にも軍事的にも深い関係に進めていく必要があります。
 今回はこの目的に進むスタートができたと考えられます。幸い、安倍首相は今後、プーチン大統領ともトランプ次期大統領とも親友として付き合っていける可能性は充分にあります。
[PR]
by enki-eden | 2016-12-19 12:04