古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

投馬国(とうまこく)

 投馬国は三国志魏書東夷伝倭人条(魏志倭人伝)において、倭国(北部九州29ヶ国)の中で7番目に記されている国の名である。
 投馬国の官は弥弥(みみ)、副官は弥弥那利(みみなり)と云い、50,000戸余りある。邪馬台国の70,000戸に次ぐ大国である。

 私見ですが、投馬国の版図は福岡県東部、大分県、山口県に及ぶ。素戔嗚(西暦140年頃出生)の第5子である饒速日(165年頃出生)が宇佐を本拠地にして統率していた出雲系の国である。

 博多の奴国は海人族・安曇氏の国で、後漢(西暦25年-220年)の時代から倭国を代表して大陸と交易をしてきた。
 西暦57年に後漢の光武帝(紀元前5年-西暦57年)が奴国からの使者に賜った漢委奴国王金印(国宝)が安曇氏の聖地・志賀島から出土した。
 西暦57年の奴国王は初代の国常立(くにのとこたち、西暦元年出生)と考えられ、光武帝とほぼ同じ時代に活躍した。奴国の始まりは偶然にも西暦元年になる。紀元前1世紀に国としての萌芽があった。

 北部九州の海岸地区は安曇氏・宗像氏・和邇氏・海部氏・尾張氏など海人族で占められていたが、全体を統率しているのは素戔嗚・大国主(160年頃出生)を中心とする出雲族であった。
 九州西北部は素戔嗚の第2子である五十猛(160年頃出生)が統率しており、その中には吉野ケ里遺跡(佐賀県神埼郡吉野ヶ里町)がある。

 邪馬台国は筑後川周辺にある最大の国で、朝倉市が倭国の政治の中心であった。邪馬台国にも出雲族が多く、小石原川の東に平塚川添遺跡(福岡県朝倉市平塚)などがある。小石原川は高天原を流れる天安川(あめのやすかわ)と考えられる。
 投馬国と邪馬台国は隣同士の大国で、出雲族を通じて密接な関係にあった。列島全体の各豪族も何らかの形で素戔嗚の出雲族と主従関係・協力関係・同盟関係にあった。

 投馬国はその後、豊国(とよのくに、とよくに)と呼ばれる。倭国女王の臺與(とよ、235年頃-295年頃)の出身地だから豊国と呼ばれた。或いは、豊国の出身だから臺與と呼ばれたのか。

 豊国の遠賀川(おんががわ)周辺地域は出雲族の物部氏の本願地になっている。弦田(つるた)物部、二田物部、芹田(せりた)物部、鳥見(とみ)物部、横田物部、大豆(おおまめ)物部、肩野(かたの)物部、聞物部、嶋戸物部などがある。
 その他の地域では、宗像の赤間(あかま)物部、朝倉市秋月の相槻(あいつき)物部、当麻(たきま)物部、浮田物部、足田物部、久米物部、布都留(ふつる)物部などがある。
 これらの物部氏は西暦185年頃の「饒速日東遷」に従って大和国へ移住し、奈良県天理市や大和川周辺などに住み着いた。その後、各地にも拡散していった。

 記紀神話は出雲神話を多く取り入れているが、記紀の「出雲」は出雲国(島根県)ではなく、北部九州の出雲族支配地のことである。従って、記紀と出雲国風土記の内容はそれぞれ別地域の神話で共通性は少ない。
 西暦200年頃に素戔嗚が亡くなり、大国主が跡を継ぐと統率力・求心力が低下して海人族が権限を回復、201年に卑弥呼(179年-247年)が即位して「葦原の中つ国(北部九州の出雲族支配地)」を平定した。

 北部九州だけでなく列島各地も出雲族が移住・開拓し、大和国も大国主系・事代主系の出雲族が治めていた。その後、西暦185年頃に出雲族の饒速日が大部隊で大和国に東遷、纒向(まきむく、太田地区)を都にする。太田は出雲系の地名。人名では大田田根子(意富多多泥古)。

 素戔嗚が列島を統率し、皇室の基盤を創り上げた。私見ですが、素戔嗚の出自は「楚(現・徐州市)」だと考えています。楚は紀元前206年から紀元前202年の楚漢戦争(項羽と劉邦の戦い)に敗れた。一部の楚人が列島に逃れて来た。楚人は文化程度も高く、武力も強かった。

 西暦204年頃に初代神武(181年-248年)が九州から東遷を開始、211年に大和国で即位。出発地は出身地の岡水門(おかのみなと、遠賀川河口)で、投馬国にある。
 投馬国の首長はミミと呼ばれ、素戔嗚と宇佐の比売大神(天照大神)が誓約(うけい)をして生まれた長男はアメノオシホミミであった。
 神武天皇の実名はヒコホホデである。神武天皇と吾平津媛の間に生まれた皇子はタギシミミとキスミミがいる。神武天皇が大和国に東遷後に皇后にしたイスケヨリヒメとの間の皇子はヒコヤイミミ、カムヤイミミ、カムヌナカワミミ(2代綏靖天皇)。
 3代安寧天皇の名もシキツヒコタマテである。

 大和朝廷は出雲族と海人族の協力・合体によって成り立った。やがて4世紀半ばの14代仲哀天皇・神功皇后(321年-389年)の頃には大和朝廷が全国制覇をほぼ成し遂げた結果、363年に神功皇后が新羅に軍事遠征するまでになった。弥生時代が終焉し、古墳時代が始まって100年ほど後のことである。
[PR]
by enki-eden | 2017-08-24 00:01