古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

臺與の東遷(とよのとうせん)

 日本書紀の神功皇后年に「200年を加えると卑弥呼と臺與の事績年」になり、「320年を加えると神功皇后の事績年」になる。
   図をクリックしてプラスマークをクリックすると拡大します。
d0287413_9523738.jpg


 神功皇后47年(西暦367年=47+320)夏4月、百済と新羅の使いが来たが、14代仲哀天皇(313年頃-362年)が既に亡くなっていたので拝謁できなかったと日本書紀に記されている。
 この記事は仲哀天皇の崩御にかけて、卑弥呼(179年-247年)が247年(神功皇后47年、47+200)に亡くなったことを指摘するための「筆法」である。日本書紀には筆法が頻繁に使われている。

 神功皇后(321年-389年)は西暦363年の新羅遠征から大和に帰還する時、仲哀天皇を仮に埋葬していた穴門豊浦宮(あなとのとゆらのみや、下関市長府宮の内町の忌宮神社)から天皇の遺骸をとり出し、大和に向かった。
 摂政2年(364年)、仲哀天皇を河内国の長野陵(大阪府藤井寺市藤井寺、岡ミサンザイ古墳)に葬った。

 神功皇后の上記の記事から次のことが判読できます。
 卑弥呼が247年に亡くなった後、魏が265年に滅び西晋となる。248年に女王になった台与(235年頃-295年頃)が266年に西晋に朝貢したが、大陸は内乱と北方異民族の侵入により動乱状態となる。
 大陸との交易ができなくなると九州に拠点を置く必要性が低くなり、臺與は270年頃に大和に東遷した。その際、臺與は九州の卑弥呼の墓から遺骸をとり出して大和に向かった。
 臺與は定型的前方後円墳の箸墓古墳を280年頃に完成し、卑弥呼の遺骸を後円部に埋葬、古墳時代に入っていく。

 臺與は295年頃に亡くなり、箸墓古墳の前方部に葬られた。箸墓古墳の前方部も後方部も分厚い石積みが施されているので盗掘を免れていると考えられる。

 ミマキイリヒコも臺與と共に東遷し、10代祟神天皇(251年-301年)になった。臺與は記紀に倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)として記述されたのではないか。祟神天皇は物部氏と共に大和から全国支配を進めていく。
 御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりひこいにえのすめらみこと、崇神天皇)の名は、伊都国の王で五十猛(160年頃出生、素戔嗚と筑紫紀氏の大矢女命の子)の子孫だと私は考えています。

 箸墓古墳は全長278m、神功皇后陵は275mで神功皇后陵は箸墓古墳を念頭に築造されたと考えられる。陵墓築造においても神功皇后を卑弥呼と臺與に結び付けたかったようだ。
 臺與と関係の深い祟神天皇陵(行燈山古墳)は242m、神功皇后の天皇・仲哀天皇陵(岡ミサンザイ古墳)も同じく242mで、仲哀天皇陵は崇神天皇陵を念頭にして築造したと考えられる。
 古墳の形や大きさにはそれぞれ理由があるのでしょう。
[PR]
by enki-eden | 2017-08-30 00:08