古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

天造日女命(あまのつくりひめのみこと)

 先代旧事本紀の天神本紀に「饒速日命(165年頃出生)が185年頃に豊国の宇佐から大和国に東遷した時に、32人の従者と25部の物部軍団その他を従え、膨大な人数による大部隊で天降った。」とある。
 対馬・壱岐の豪族、遠賀川周辺部族、筑後川周辺部族、海部氏・尾張氏・阿曇氏、高皇産霊の子など多くの部族が饒速日東遷に従った。

 この東遷に従った人々の中に、綿積神の後裔で阿曇連等(あづみのむらじたち)の祖である天造日女命もいた。天造日女の別の読み方は「あめのみやつこひめ」があり、卑弥呼のことであると云う説がある。

 天造日女とよく似た名前に天道日女(あめのみちひめ、対馬の天日神の娘)があり、天道日女は天火明(彦火火出見、140年頃出生)の妻となり、天香語山(尾張連の祖)を生んでいる。
 天日神は対馬県主等の祖で、天造日女と共に饒速日東遷に従って大和国にやって来た。天造日女は天道日女のことかもしれない。西暦160年頃の出生である。
 図をクリックして、プラスマークをクリックすると拡大します。
d0287413_063511.jpg


 海部氏の勘注系図には天火明命の6世孫建田勢命の妹・宇那比姫命が記されている。建田勢命は7代孝霊天皇に仕えており、西暦230年頃の出生である。妹の宇那比姫命もその頃の出生であろう。
 勘注系図ではこの宇那比姫命の別名を天造日女命、大倭姫、竹野姫、大海靈姫命、日女命としている。
 阿曇連等の祖である天造日女命と同じ名前だが、時代が違う。宇那比姫命を卑弥呼(179年-247年)だと云う説もあるが、これも時代が違う。臺與であれば宇那比姫命とほぼ同じ時代になるが・・・
 同じ世代でも、臺與(235年頃-295年頃)は筑紫の生まれ、宇那比姫は大和か紀伊の生まれなので、これも別人となる。

 大陸では魏が265年に滅亡したので、倭の女王・臺與は266年に晋に朝貢した。しかし、大陸の戦乱と北方異民族の侵入により、倭国(北部九州)は大陸と交易ができなくなり、大陸に近い筑紫も不安定になったため、私見ですが臺與は270年頃に大和国に東遷してきたと見ています。そして大和政権の系譜に入った。
 臺與はミマキイリヒコを連れて東遷、10代崇神天皇(251年-301年)として全国制覇を成し遂げさせた。
 日本書紀には臺與は倭迹迹日百襲姫として記されたかもしれず、箸墓古墳に埋葬された。海部氏は臺與を海部氏出身の宇那比姫と記したか。
©2012 Innami Kanki
[PR]
by enki-eden | 2018-03-29 00:07