古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

大歳神社(朝来市生野町)

兵庫県朝来市(あさごし)生野町(いくのちょう)口銀谷(くちがなや)190
兵庫県有形文化財、境内に車を停められます。
兵庫県には大歳神社(大年神社)が400社近く存在し、神徳の大きさを物語っている。

祭神 大歳大神、
   天忍穂耳命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、熊野樟日命(くまのくすひのみこと)、
   田心姫、湍津姫、市杵島姫、
   埴安彦命(はにやすひこのみこと)。

創建 康保2年(965年、62代村上天皇の時代)、
    大正12年(1923年)に現在地に遷座し建立。



   入口の明神鳥居
d0287413_9415066.jpg

 背後の山を朝日山と云い、300m登ると大きな洞穴がある。大歳神社の縁起書によると、
『朝日山の磐座より夜ごとに火玉が閃くことがあった。里人が登ってみると美しい姫がおられた。
 姫が、吾は市杵島姫也。胎内に一子を孕んでいる。子が生まれたら当地の氏神としなさい。
 よく信仰すれば、必ず国家安全・万民豊楽になると云われた。』とある。
 出雲大社の千家尊福(せんげたかとみ、1845年-1918年)宮司の詠んだ歌、
   大空の よそに思わで 朝日山 のぼりてあおげ 神のひかりを

   拝殿
d0287413_943510.jpg

   本殿
d0287413_9432559.jpg

 境内社、右から稲荷神社、当勝神社(まさかつじんじゃ、天忍穂耳命)、戎神社、
     三柱神社(天満神社、庚申神社、厄除神社)、粟島神社(少彦名命)。
 1月に戎神社の「ゑびす祭」が執り行われる。
d0287413_9441292.jpg


 生野町口銀谷は生野銀山で栄えた鉱山町独特の風情が漂う。「兵庫県景観形成地区」に指定されており、優れた景観を保全し、魅力ある街づくりと文化的な県民生活の確保を目的としている。

 生野銀山は平安時代初期の807年に銀が出たことに始まる。室町時代の1542年に但馬守護職である山名祐豊(すけとよ、1511年-1580年)が鉱山を開坑し、翌年に山名祐豊が八王子社を建立。八王子社は1698年(元禄11年)に当社に合祀された。従って、当社は多くの神を祀っている。

 生野銀山では1567年に日本最大の鉱脈が発見された。
 織田信長と豊臣秀吉は鉱山を直轄地とし、徳川家康は但馬金銀山奉行を設置した。佐渡金山、石見(いわみ)銀山と共に天領として徳川幕府の財政を支え、最盛期には月産560kgの銀を産出した。

 明治政府は生野銀山を政府直轄の官営鉱山とし、生野銀山と姫路の飾磨港の間約50kmの輸送を担う「馬車専用道」が造られた。現在は「銀の馬車道」と名付けられている。

 明治22年(1889年)に生野鉱山と佐渡鉱山が皇室財産に移された。生野鉱山は明治29年(1896年)に三菱に払い下げられたが、昭和48年(1973年)に閉山した。
 閉山翌年には観光施設として「史跡・生野銀山」が開業された。(JR生野駅から5km)
©2012 Innami Kanki

[PR]
by enki-eden | 2018-06-27 09:47