古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

黒岡稲荷神社(兵庫県揖保郡太子町)

 兵庫県揖保郡(いぼぐん)太子町太田250-1  無料駐車場あります。
 祭神 宇迦之御魂(うかのみたま)

 黒岡神社の御旅所となっている。



 宇迦之御魂(倉稲魂命)は通称「お稲荷さん」と呼ばれ、父は素戔嗚命(140年頃出生)、母は神大市姫(かむおおいちひめ、大山祇神の娘)、兄に饒速日命(大年神、165年頃出生)がいる。
 宇迦之御魂は全国の稲荷神社に祀られているが、稲荷神社の総本社は京都の伏見稲荷大社です。 

 宇迦之御魂の降臨地は伏見稲荷大社後方の稲荷山、饒速日命の降臨地は大阪府交野市(かたのし)の磐船神社
 両社間の直線距離は25kmほどで、宇迦之御魂も西暦185年頃の饒速日東遷に従って九州から来たのでしょうね。  
  赤が伏見稲荷大社、黄が磐船神社。


   拝殿
d0287413_845558.jpg

 本殿、男神仕様になっているが宇迦之御魂は一般的には女神となっている。出雲系の神社では男神・女神にかかわらず、千木は外切り、鰹木は3本になることが多い。
 この日(5月27日)は天気が良く、参拝していると鶯の声も聞こえてきました。
d0287413_8453210.jpg

 私は3年前に、鰹木について島根県松江市八雲町熊野に鎮座の熊野大社に問い合わせました。そのご返事は、『鰹木ですが、全国的に見ますと奇数、偶数で陽と陰を表している事が多く、一般的には男神、女神で区別されている場合が多数ありますが、大社造り自体が基本的に3本であることが多く、鰹木だけでは性別が計れないことが多いです。』と云うものでした。
©2012 Innami Kanki
[PR]
by enki-eden | 2018-07-24 08:47