人気ブログランキング |

古代史探訪 enkieden.exblog.jp

神社、遺跡めぐり   1943年生   印南神吉 (いんなみかんき)


by enki-eden
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

宇佐神宮の神官出光家と比売大神

出光商会の創業者・出光佐三(1885年-1981年)の生家は、福岡県宗像市赤間4-11-28(現存し国有形文化財)で藍玉(染料)問屋をしていた。

次男の佐三は地域愛が強く、物心両面で地域振興に尽くした。

出光佐三は神戸高等商業学校(現・神戸大学経済学部)で学び、初代校長の水島銕也(てつや、1864年-1928年)が「士魂商才をもって事業を営め」と説いたのを実践し、人間尊重、大家族主義、消費者本位、真心などを理念として出光興産の前身・出光商会を1911年に創業した。

百田尚樹(ひゃくた なおき、1956年生)の歴史経済小説「海賊と呼ばれた男」は出光佐三をモデルにしており、映画化された。

先日、安倍首相がイランを訪問したが、それに合わせて日本のタンカーがホルムズ海峡付近で攻撃された。

1953年に出光興産社長の出光佐三はタンカー日章丸をイランに出航させ、イギリス海軍の海上封鎖を回避して石油を積んで帰国させた。

イギリスの石油メジャーは出光を処分する提訴をしたが、出光の勝利に終わり、これが石油の自由貿易が始まるきっかけとなった。

出光佐三は子どもの頃から宗像大社を信仰していたが、佐三が多額の寄進をして荒廃した社殿・境内が修復された。

また、沖ノ島に鎮座する宗像大社沖津宮の神宝を学術調査する事業の全資金を出光佐三が提供し、事業の運営にも責任を持って協力した。「出光佐三と宗像大社」YouTubeをご覧ください。

  

大分県宇佐市南宇佐2859に鎮座の宇佐神宮(宇佐八幡宮)は、豊前国一宮の式内社で、八幡宮の総本社になっている。

創建は45代聖武天皇の神亀2年(725年)で、祭神は一之御殿が八幡大神(誉田別尊=15代応神天皇)、二之御殿が比売大神(宗像三女神)、三之御殿が神功皇后となっている。

素戔嗚尊(西暦140年頃-200年頃)と天照大神の誓約(うけい)により、西暦160年頃に三柱の比売大神が宇佐で生誕(降臨)、やがて宇佐から宗像(むなかた)に遷り、福岡県宗像市の宗像大社に宗像三女神として祀られた。

宗像大社辺津宮(市杵島姫神)が宗像市田島に鎮座、中津宮(湍津姫神)が宗像市大島に鎮座、沖津宮(田心姫神)が宗像市沖ノ島に鎮座している。

図をクリックしてプラスマークをクリックすると拡大します。

d0287413_09425673.jpg

別の伝承では、三柱の女神は福岡県鞍手郡鞍手町(くらてまち)の六ケ岳(むつがたけ、339m)に降臨、その後、宇佐を経て宗像市赤間(あかま)へ遷ったあと、宗像大社の地に落ち着いたと云う。

日本書紀の「天照大神と素戔嗚尊の誓約」において、「日神(天照大神①)が、生まれた三柱の女神を葦原の中つ国の宇佐嶋に降らせられた。今、北の海路の中においでになる。名付けて道主貴(ちぬしのむち)という」とある。

これは、天照大神①が宇佐で生んだ三女神が、宇佐神宮の二之御殿で祀られている比売大神で、その後、宗像大社でも祀られていると云う記事です。

宇佐神宮由緒記に、「比売大神は天照大神と素戔嗚尊の誓約によって顕れた三柱の女神で、宇佐国造(宇佐氏)らが大元山(御許山、647m)の奥宮・大元神社を中心にして祀った」とある。

2016425日投稿の「八幡神」をご覧ください。  

御許山の西麓から寄藻川が流れ出し、宇佐神宮境内を流れて周防灘に注ぐ。

宗像三女神は、日本から朝鮮・大陸への海上交通の安全を守護する神で、神功皇后の新羅遠征(西暦363年)以降、頻繁に渡海するようになったために大和朝廷により重視され、祭祀が行われた。2014226日投稿の「沖ノ島の祭祀」をご参照ください。


京都御苑内の南端にも九條池に囲まれて厳島神社(池の弁天さん)が鎮座している。珍しい唐破風鳥居があり、宗像三女神を祀っている。明治以前は九条家の邸内であった。

その直ぐ北には宗像神社が鎮座、宗像三女神が祀られている。延暦14年(795年)に50代桓武天皇(737年-806年)の勅命により、皇居鎮護の神として宗像三女神が祀られたと云う。

宇佐神宮の3.5kmほど東にある宇佐市出光(いでみつ)を本拠とした出光家は、古代から宇佐神宮の神官を務めてきた宇佐氏の一族で、出光家から宇佐神宮の大宮司が出たこともあった。

江戸時代に出光家は、豊前国宇佐郡から筑前国宗像郡赤間に移ってきた。佐三の自宅から宗像大社辺津宮までは、釣川沿いに9kmほどで、出光佐三は宗像大社を崇敬していた。

辺津宮の社殿は、大島の中津宮と沖ノ島の沖津宮の方角を一直線に向いている。

古代史とは関係ありませんが、お隣さんから頂いたアジサイで「ダンスパーティー」と云う名の種類です。

d0287413_19464657.jpg

印南神吉   メールはこちらへ  nigihayahi7000@yahoo.co.jp  


by enki-eden | 2019-06-18 00:39