人気ブログランキング |

古代史探訪 enkieden.exblog.jp

神社、遺跡めぐり   1943年生   印南神吉 (いんなみかんき)


by enki-eden
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

伊尼神社(いちじんじゃ、丹波市)

兵庫県丹波市(たんばし)氷上町新郷(ひかみちょう しんごう)1860  電0795-82-0018

鳥居前に無料駐車場。

丹波国氷上郡、白山の麓に鎮座。

祭神 彦火瓊瓊杵尊(ひこほのににぎのみこと、天照大神の孫)、

     穀霊大市姫命(たなつみたまおおいちひめのみこと、神大市姫命)。

事業成功、五穀豊穣。

瓊瓊杵尊は古来より領主や武将の崇敬が篤かった。

神大市姫は大山祇神の娘で、素戔嗚尊の妻として饒速日命と宇迦之御魂を産んだ。

カーナビの誘導でははっきりしなかったが、何とか到着。神社の西には氷上カントリークラブがあり、昔、ここで友人とゴルフをしたことを思い出しました。


古代には、加古川は氷川(ひかわ)と呼ばれ、当地名の由来は氷川の上流にあるので氷上町(氷上郡)になったと考えられる。

加古川(氷川)下流域にある岡は日岡と呼ばれ、「日岡神社」が鎮座、JRの駅は日岡駅、村の名は氷丘村と云われていた。現在でも氷丘小学校、氷丘中学校がある。

伊尼神社は29代欽明天皇(509-571年)の6世紀半ばの創建で、伊知宮大明神(一宮大明神)と称していた。また、氷上郡沼貫村(ぬぬきむら)にあったので、沼貫神社・奴々岐神社(ぬぬきじんじゃ)とも称していたが、1941年に伊尼神社に改称した。

2km東南の氷上町稲畑(旧・氷上郡沼貫村)にも奴々岐神社(ぬぬきじんじゃ、高皇産霊神)があるが・・・

   灯篭、社号標、石の大鳥居。

d0287413_17384467.jpg

鳥居を入って右手に鐘楼。神仏習合時の名残か。

d0287413_17390646.jpg

拝殿

d0287413_17392437.jpg

本殿、春日造り銅板葺き。

d0287413_17394359.jpg

左から、春日神社(伊波比主命、天児屋根命、比売神)、恵比寿神社(事代主命)を合祀。

     山神神社(大山祇命)、豊村稲荷神社を合祀。

     風神ノ社。

伊波比主命は経津主命の別名で、千葉県香取市の香取神宮の祭神。

d0287413_17404481.jpg

右は、祓戸神社(瀬織津比売神、速開都比売神、氣吹戸主神、速佐須良比売神)、

左は、日向神社(天照大神)。

d0287413_17410531.jpg

印南神吉   メールはこちらへ  nigihayahi7000@yahoo.co.jp  


by enki-eden | 2019-09-03 01:30