人気ブログランキング | 話題のタグを見る

古代史探訪 enkieden.exblog.jp

神社、遺跡めぐり   1943年生   印南神吉 (いんなみかんき)


by enki-eden
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)

岡山県備前市香登本(かがともと)1249  電0869-66-7822(宮司宅)

境内に車を停められるが、通路が狭い。

祭神 大山津見神(おおやまつみのかみ)、

    神大市比売神(かむおおいちひめのかみ)、

    木花之佐久夜毘売神(このはなのさくやひめのかみ)、

    大香山戸臣神(おおかがやまとおみのかみ)。

   


   

祭神の「大山津見神(大山祇神)」は山の神の元締め、神大市比売神は大山津見神の長女で素戔嗚尊(すさのおのみこと、140年頃-200年頃)の妻となり「大歳神」と「宇迦之御魂神」を生む。   

木花之佐久夜毘売神(木花咲耶姫命)は大山津見神の娘で天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の妃となる。

大香山戸臣神は大歳神と香用比売(かぐよひめ)の御子。

 

鳥居と神門。

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22521880.jpg


随神門と左に稲荷神社。

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22525866.jpg

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22531158.jpg

稲荷神社本殿と手前に虫除神社(豊受大神、御年神)。

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22533122.jpg

拝殿手前の階段右に牛神社(保食神、うけもちのかみ)と大酒神社(秦大兄、はたのおおえ)。秦河勝(7世紀前半)が蘇我氏の難を避けて坂越(さごし、赤穂市)に逃れたときに、秦大兄も当地の香登(かがと)に逃れてきた。

秦氏の痕跡は、播磨国西部の揖保郡と赤穂郡、吉備国東部の備前国と美作国に残っている。秦氏(はたうじ)をご参照ください。

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22542756.jpg

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22544351.jpg

拝殿、唐破風に阿比留文字(あひるもじ)で「おおちのやしろ」と彫刻されている。

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22550140.jpg

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22551698.jpg

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22553285.jpg

幣殿と檜皮葺の本殿、市指定文化財。元禄16年(1703年)建立。

後ろは大内山(おおちやま、150m)

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22554981.jpg

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22560503.jpg

本殿右後方に上ると多くの境内社。

階段上の天神社(菅原道真公)と下の右から

須賀神社(素戔嗚尊)、稲荷神社(倉稲魂神)、荒神社(奥津彦神・奥津姫神)。

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22562667.jpg

八幡宮(応神天皇)

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22564271.jpg

金刀比羅宮(大物主命)

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22565885.jpg

天神社(菅原道真公)

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22571699.jpg

本殿左に総神社(59代宇多天皇、大内神、石長姫神、大滝神、

天津神、国津神、宇受売神、阿須波神、熊野神社)。

大内神社(おおうちじんじゃ、備前市)_d0287413_22573918.jpg

印南神吉   メールはこちらへ  nigihayahi7000@yahoo.co.jp  


by enki-eden | 2022-06-12 23:00