古代史探訪

enkieden.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

国安天満神社(加古郡稲美町)

丘の宮
兵庫県加古郡稲美町国安(くにやす)538  電079-492-0741  無料駐車場あります。
祭神 天満大神(菅原道真公、学問の神)、
   大年大神(池大明神)、
   市杵島姫命(辯財天女)。
d0287413_947337.jpg



 神社沿革
 白雉4年(653年)、王子権現として創立。 寛平5年(893年)、隣接する天満大池の池大明神が御旅所の現宮地に遷った。
 菅原道真公(845年-903年)が左遷で、901年に太宰府へ向かう途中に当地で休憩したと云う伝承から、後に京都北野天満宮から道真公を勧請した。
 1390年に当社南に隣接する「天満大池」の島に弁財天が祀られたので、当社にも弁財天と同一とされる市杵島姫命を祀った。
 元禄14年(1701年)、現状のような造営となった。
 
 当社南の「天満大池」の築造が675年頃と見られ、ため池の多い播磨国でも「最も古い大規模ため池」になっている。大きさも兵庫県で2番目に大きい。兵庫県で最も大きいのは4kmほど北にある「加古大池」となっている。
 ため池の数は兵庫県に38,000個以上あり、全国で一番多い。兵庫県の中で多いのは、淡路市で13,000個以上ある。
 灌漑用ため池や水路は2世紀後半に大年神の指導により開発され、降雨量の少ない瀬戸内海気候の地で大量にため池が築造されてきた。灌漑用水は農業用地の開墾・開拓に役立ち生産性が上がったので、播磨国には大歳神社(大年神社)が多く、当社にも池大明神として大年大神が祀られている。
 天満大池の北東1.5kmにも大年神社が鎮座している。

   南の鳥居
d0287413_9532777.jpg

   西の鳥居
d0287413_9535138.jpg

 拝殿、南南西向きになっている。梅紋と神牛は天満宮の象徴。
d0287413_9541369.jpg

 西の鳥居横に菅原道真公が京を去る時に詠んだ歌、
   東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ
d0287413_9542977.jpg

 京の梅が道真公を慕って飛んで来たという「飛び梅」伝説がある。「太宰府天満宮の飛梅ちぎり」をご参照ください。

 手水舎が「縁結社」になっており、「鯉を愛で 意をいただき 縁むすぶ」とある。
d0287413_9573519.jpg

   社殿(拝殿、幣殿、本殿)
d0287413_9575517.jpg

d0287413_9582132.jpg

 拝殿前に茄子(なす、為す)。 
 出羽国米澤藩主・上杉鷹山(うえすぎようざん、1751年-1822年)の格言
   為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり
d0287413_9591075.jpg

 上杉鷹山の家訓「伝国の辞」を読むと名君ぶりが理解できる。
  ・国(藩)は先祖から子孫へ伝えられるものであり、我の私物ではない。
  ・領民は国(藩)に属しているものであり、我の私物ではない。
  ・国(藩)・国民(領民)のために存在・行動するのが君主(藩主)であり、
   君主のために存在・行動する国・国民ではない。
   この三カ条を心に留め忘れることなきように。

 境内の西に「歴代天皇遥拝所」と「靖国社」
d0287413_10012.jpg

 八幡神社(品多別命、ほむだわけのみこと)
d0287413_1013983.jpg

 手前から「大神社(天照大神)」、「多賀神社(伊邪那岐命)」、
 「琴平神社(大物主大神)」。
d0287413_101562.jpg

 本殿後方に杉の神木が2本、既に枯れている。 稲美町史によると、
 「天正8年(1580年)の頃、豊臣秀吉(1537年-1598年)が三木の別所氏を攻めた時、播州一円の城砦・寺社を打ち壊し回った。当社を取り潰しにかかると、神木から大蛇が頭を出してきた。
 秀吉がこれを見て、捨て置けと言い付けたので取り潰しを免れた。」とある。
d0287413_1021665.jpg

 境内東に手前から、「愛宕神社(火産霊神、ほむすびのかみ)」、
「稲荷神社(保食神、うけもちのかみ)」、「八坂神社(須佐之男命)」、
「大将軍神社(磐長比売命、いわながひめのみこと)」。
d0287413_1024650.jpg

 神輿倉
d0287413_103727.jpg

d0287413_1031666.jpg

 大年神の生きた2世紀半ばから3世紀初めの弥生末期では、灌漑用ため池は小規模であったが、古墳時代に入ると土木技術の発展により古墳が大型化し、ため池や水路も大掛かりになっていった。
 大きなため池築造の難工事では「人柱(生贄・人身御供)」が立てられることもあった。当地稲美町のため池築造にも人柱が立てられた伝承が残っている。

 生贄(いけにえ)は極めて残虐な風習だが、世界中で行われていた。旧約聖書によると、4、000年前のアブラハムが神から「息子のイサクを燔祭として奉げよ」と云われ、エルサレム近くのモリヤ山に行き、イサクをナイフで刺そうとした時、神はアブラハムの篤い信仰を知り、イサクを殺す事を止めさせた記事がある。
 諏訪市の守屋山(1,651m)がモリヤ山と関係あると云う説や、物部守屋(587年没)も関係があると云う説も聴くが・・・

 日本の古墳時代では、11代垂仁天皇(4世紀前半)に野見宿禰が進言して殉葬がなくなったとされているが、その後も続けられている。中世では城郭築造にも人柱が立てられることがあった。
©2012 INNAMI KANKI
[PR]
by enki-eden | 2017-12-27 10:09

三位一体(さんみいったい)の否定

 三位一体は英語ではtrinity(トリニティ)で、父(神)、子(イエス・キリスト)、聖霊が一体であるとする教理。これはキリスト教の根本的な教理で、殆どのキリスト教宗派が共有している。
 しかし一部のキリスト教宗派では三位一体を認めず、キリスト教以前のユダヤ教でも三位一体の概念はない。
 三位一体を認めない宗派は、「預言者」であるイエスが「神の子にして絶対神と同格」となったことに反対している。
 それが16世紀に始まったユニテリアン主義で、18世紀後半にアメリカ、イギリスのプロテスタント教会から発展していった。三位一体の教理を否定し、神の唯一性を強調している。

 キリスト教はユダヤ教から生まれた。イエスはユダヤ教のエッセネ派クムラン教団に属していた。神の国を宣教したイエスが磔刑で死ぬと、「イエスの復活」後にはじまった宗教活動は、イエスをメシア(キリスト、救世主)と信じ「神の子」として、神と同一視した。
 そしてイエス・キリストを信ずる者が、ユダヤ教の律法を守らなかったので両者の対立は決定的になり、1世紀後半にユダヤ教から完全に離反してキリスト教を広めていくことになる。
 西暦622年に預言者ムハンマド(571年-632年)によって始まったイスラム教は、ムハンマドをモーゼ、イエスに続く最高の「預言者」としている。
 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は厳しく対峙して、長期に亘って宗教戦争・民族戦争が頻発している。イスラム教徒同士の戦争やテロ活動も多い。

 そして、経営コンサルタントで歴史評論家の落合莞爾氏(1941年生)によれば、國體ワンワールドがユニテリアン主義に基づいて造った組織がフリーメーソンだと云う。
 落合氏は、ユニテリアン主義、クエーカー(キリスト友会)、三位一体を否定するキリスト教宗派などがフリーメーソンと繋がりが深いと云う。

 また、フリーメーソンは國體ワンワールドネットワークの一部なので、國體ワンワールドに属する人々は、フリーメーソンに属している。
 フリーメーソンは16世紀後半頃に設立された友愛結社で、全世界の会員数は600万人、日本人は300人程いる。
 明治維新の直前、フリーメーソンのスコットランド人であるトーマス・ブレーク・グラバー(1838年-1911年)に影響された岩崎弥太郎(1835年-1885年)、坂本龍馬(1836年-1867年)などがフリーメーソンになった。最近では小泉純一郎(1942年生)、高須克弥(1945年生)などがフリーメーソンになった。
 フリーメーソンのマッカーサー元帥(1880年-1964年)が昭和天皇(1901年-1989年)をフリーメーソンに導いたと云われる。

 GHQ総司令官でフリーメーソンのマッカーサー元帥やその副官でクエーカー教徒のボナー・フェラーズ(1896年-1973年)が、「天皇の戦争責任を不訴追」と「象徴天皇制」を打ち出して昭和天皇の存続に大きく貢献した。
 それ以前にアメリカ政府の政策として、日本を安全に占領するために「天皇を平和の象徴として利用する」方針があり、GHQに伝えられていた。
 また、クエーカー教徒のエリザベス・ヴァイニング(ヴァイニング夫人、1902年-1999年)はGHQに呼ばれ、明仁親王(平成天皇)の家庭教師を務めた。
 そして、人間を神として認めないユニテリアン主義のフリーメーソンとクエーカー教徒は、天皇を神とした日本のシステムに反対し、天皇に「人間宣言」をさせることも重要な目的であったのではないか。

 イスラエルが建国されたのは1948年5月14日、その70年後の2018年にイスラエルの荒廃は終わり、ソロモン神殿が再建され、聖都エルサレムが再建されると云う。
 ソロモン神殿はBC10世紀にソロモン王が築造し、BC515年に再建された。BC20年にヘロデ王によって改築された。
 イエス・キリストはこの神殿が商人たちの金もうけの場になっているのを嘆き、商人たちを神殿から追い出した。

 紀元70年のユダヤ戦争でローマ帝国軍により神殿は破壊された。神殿の外壁は基礎部分が残されており、「西の壁」は高さ19m、幅57mで「嘆きの壁」と呼ばれ、壁の前が礼拝の場所となっている。
 そしてイスラエルでは神殿が破壊されて以来、再建計画がずっと続いている。
イスラエルの首都はテルアビブであるが、イスラエルはエルサレムを首都と主張している。国連では認められていない。アメリカのトランプ大統領は、イスラエルの首都をエルサレムと認め、アメリカ大使館をエルサレムに移すと宣言し、世界中から批判・反対されている。

 2018年にイスラエルの首都がテルアビブからエルサレムに遷都されると云う動きがあるので、それを実行すればイスラム教徒やキリスト教徒との戦争が起きる可能性が高い。その争いの後、地域が安定し、メシアが現れると云うが、それは日本人かもしれないと云う。
 メシアは二人現れ、一人は「アロンのメシア(モーゼの兄アロンの末裔)」で、もう一人は「イスラエルのメシア(イスラエルの末裔である日本人)」と云われる。

 平成天皇は2019年4月に退位の予定、戦後70年余りで新しい形の日本と世界が始まる。日本とイスラエルは連動しているように見える。
©2012 INNAMI KANKI

[PR]
by enki-eden | 2017-12-19 08:59

「耜(スキ)」は「磯城(シキ)」か

 日本書紀に記載の味高彦根神( あじすきたかひこねのかみ)は、父・大国主神と母・田心姫命(古事記では多紀理毘売命)の子で、古事記では「阿遅志貴高日子根神(あじしきたかひこねのかみ)」等と記す。
 出雲国風土記には阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)と記され、大穴持命(大国主命)の子としている。

 「あじすき」の意味は「良く切れる鋤(すき)」と云う説があり、味耜高彦根神は農耕の守護神である「雷神」、「蛇」と考えられている。奈良県御所市鴨神1110の高鴨神社に祀られており、「迦毛之大御神」とも云う。
 味耜高彦根神は鴨氏の祖神で、鴨氏(賀茂氏)は御所市鴨神を本拠地として、金剛山麓の東持田に移住した一族が葛木御歳神社を祀り、葛城山麓の葛城川沿いに移住した一族が鴨都波神社を祀った。

 赤のアイコンが高鴨神社、黄が葛木御歳神社、青が鴨都波神社、
 紫が大神神社(おおみわじんじゃ)。

  
 大和国西部の「葛城」に住む鴨氏は、東部の「磯城」の三輪山(大神神社)に住む事代主神とも結びつき、摂津国北部(大阪府茨木市、高槻市)へ勢力を広める。更に山城国(京都市)へと勢力を拡げていく。
 事代主神も味耜高彦根神と同じく大国主神の子で、母は神屋楯比売(かむやたてひめ、勘注系図では湍津姫)である。奈良盆地の西と東に分かれているが同族であった。

 狭野尊(さののみこと、181年-248年)は筑紫から大和に東遷して、西暦211年に初代神武天皇として即位するが、東遷の途中に紀伊半島で難儀する。それを助けて大和に導いたのは八咫烏(やたがらす、味高彦根)で、磯城の地を治める兄磯城(えしき)を討って勝利した。
 兄磯城の弟の弟磯城(おとしき)は服従して磐余(いわれ)の地を奉ったので、狭野尊は磐余彦と云われた。弟磯城は後に磯城県主(しきのあがたぬし)に任じられ、磯城県主から代々の天皇に妃を出した。

 磯城は師木、志貴とも表記する。初瀬川(大和川)、寺川などが奈良盆地(当時は大和湖)に流れ込んで、扇状地を造った地域が磯城の地で、10代崇神天皇、11代垂仁天皇、12代景行天皇、29代欽明天皇の宮が営まれた。
 磯城島(しきしま)に天皇の宮が多く置かれたこともあり、大和国の中心地だったので、大和国にかかる枕詞は「敷島の」になった。
  敷島の 大和の国は 言霊(ことだま)の 助くる国ぞ 真幸く(まさきく)ありこそ
                          万葉集 3254 柿本人麻呂

  原文は 「志貴嶋 倭國者 事霊之 所佐國叙 真福在与具」

 神武天皇の皇后になる媛踏鞴五十鈴媛(比売多多良伊須気余理比売)は事代主神の長女で、「須気」は「磯城」と同じと云う説があり、「須気余理比売」は「磯城依姫」だと云う。
 「あじすきたかひこね」は「あじしきたかひこね」とも云われるように、「すき」と「しき」は「磯城」が由来の名であると考えられる。
 2代綏靖天皇の皇后になる五十鈴依姫は事代主神の次女で、3代安寧天皇(磯城津彦玉手看、しきつひこたまてみ)が生まれる。
 4代懿徳天皇の和風諡号は大日本彦耜友(おおやまとひこすきとも)、弟は磯城津彦と云う。

 磯城(しき)の語源は「鋪、舗」で、「金属鉱山の坑道」であるから、磯城氏は鉱物の採掘、踏鞴製鉄を生業としていたと考えられる。大和国は水銀、銅、鉛などの鉱物資源が豊富で、踏鞴製鉄も盛んであった。
 神武天皇の東遷も「葦原の中つ国平定」の一環だったが、鉱物資源(特に水銀)の開発が大きな目的の一つだった。神武天皇は、「丹(水銀)を手に入れると、武器を使って戦わなくとも天下を取れる」と云った。
©2012 INNAMI KANKI
[PR]
by enki-eden | 2017-12-13 00:23

布都御魂(ふつのみたま)

 素戔嗚(布都斯、ふつし)の父である布都(ふつ)が所持していた剣を霊剣(布都御魂)として祀っているのが物部氏の本拠地である奈良県天理市の「石上神宮(いそのかみじんぐう)」である。

 霊剣は85cmの鉄剣で、通常の刀と逆方向に反る「内反り」で、環頭が付いている。
 石上神宮は、素戔嗚の霊剣である天羽々斬(あめのははきり、布都斯魂剣)、布留御魂(饒速日の十種の神宝)もご神体として奉安されている。そして、国宝の七支刀も奉納されている。

 布都御魂は、本来は素戔嗚(140年頃-200年頃)の父の布都を祀ったものであるが、一般的には「布都の霊剣」として考えられている。伊勢神宮が祀っているのは天照大神であるが、八咫鏡(やたのかがみ)を天照大神として祀っているのと同じ考え方ではないか。八咫鏡は真経津鏡(まふつのかがみ)とも云われる。

 布都御魂の「フツ」は霊剣が物を切る音を表すとされ、布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)、韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)、佐士布都神(さじふつのかみ)、甕布都神(みかふつのかみ)とも云う。
 霊剣にも八咫鏡にも「フツ」が使われているので、フツは剣で物を切る音ではないと考えられ、フツは「神」と云う説がある。

 建御雷神(たけみかづちのかみ)は布都御魂剣を使って201年頃に「葦原の中つ国平定」を実行した。初代神武天皇(181年-248年)が熊野山中で危機にあった時(210年頃)、高倉下(たかくらじ)が布都御魂剣を神武天皇に献上して危機を鎮め、神武天皇は大和国に入り、211年に橿原宮で初代天皇として即位した。

 布都御魂剣は饒速日(にぎはやひ、165年頃出生)の子である宇摩志麻治(うまじまじ)が宮中で祀り、その後10代崇神天皇(251年-301年)の時に物部氏の伊香色雄(いかがしこお)が石上神宮に祀り、ご神体とした。
 ご神体は拝殿後方の禁足地に埋納されたが、明治7年(1874年)に大宮司の菅政友(すがまさとも、1824年-1897年)が発掘し、本殿内陣に祀られた。レプリカ2振が作刀され本殿中陣に奉安された。

 岡山県赤磐市石上(いしかみ)1448に「石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)」が鎮座、備前国の古一宮で現在は素戔嗚尊を祀る。明治以前までのご神体は、素戔嗚尊がヤマタノオロチを斬った布都御魂剣(十束剣)であった。この霊剣は10代崇神天皇の時代に大和国の石上神宮に移されたと云う。
 吉備国は出雲国と同じく素戔嗚の影が濃い。

 出雲国風土記には楯縫郡の郡司には物部臣(もののべのおみ、饒速日を祖とする氏族)が記されている。その関連か、出雲国楯縫郡鎮座の石上神社(いそのかみじんじゃ、いしがみじんじゃ、島根県出雲市塩津町279)の祭神は布都御魂(ふつのみたま)であり、元の祭神は海童(海津見神)であった。
 石上神社は日本海に面しており、本殿はなく、拝殿の後方にご神体の霊石を祀り、地元の人は「石上様」と呼んでいる。
 素戔嗚の父である布都が塩津港から上陸したと云われ、塩津町には「素戔嗚生誕の地」としての伝承がある。
 本来は「石神神社」と書いていたが、「石上神社」と改めた。大和国石上神宮(いそのかみじんぐう)に仮託して祭神を海津見神から布都御魂に改めた。これには郡司の物部臣が関わったかもしれない。

 石上神社は式内の宇美神社と伝わるが、6kmほど南東の出雲市平田町宮西町686-1に宇美神社が鎮座、祭神は布都御魂神(ふつのみたまのかみ、霊剣)となっている。出雲国風土記に「宇美社」、延喜式神名帳に「宇美神社」と記されている神社と云う。
 宇美神社が元は石上神社の地・塩津に鎮座していたが、現在地に遷座したと云う伝承がある。塩津は日本海に面していたので宇美(海)神社にしたと云う。素戔嗚が塩津から平田に移住してきたか。
 また、出雲国風土記沼田郷の地名伝承に、宇美神社の祭神は宇能遅比古命(うのぢひこ、海神)となっている。
 石上神社も宇美神社も本来の祭神は海神であったが、後に布都御魂神に改めたようだ。郡司の物部臣の影響か。

 出雲市塩津町も平田町も素戔嗚に所縁があるのだろう。平田町の南東20kmほどの所に須我神社が鎮座(島根県雲南市大東町須賀260)。素戔嗚と櫛稲田姫が新婚の住まいを設けた所である。
 素戔嗚と櫛稲田姫は須賀の地で第一子の八島士奴美を産んだのであろう。八島士奴美の神名は清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと)と云う。

  赤のアイコンが石上神社、黄が宇美神社、青が須我神社。


 出雲国風土記には、「布都御魂神」と似た神名「布都怒志命、ふつぬし」が記されている。これは日本書紀に記された「経津主神、ふつぬし」と同じで、葦原の中つ国平定を実行したと云われる。
 私見ですが、出雲国風土記の布都怒志命は素戔嗚の父で、日本書紀の経津主神とは別神と見ています。時代も出自も別です。
 日本書紀の経津主神は、元々出雲系の神であったのを高天原系にすり替えられた可能性がある。これは藤原不比等(659年-720年)が記紀の記述に影響を与えたからと考えられる。
 出雲国風土記には大穴持命(大国主命)の子に和加布都怒志命もいる。物部系の祖神、神社、祭祀(御魂振り)などは、藤原氏・中臣氏の勢力に取り込まれていくことになる。

 負芻(ふすう)
  熊負芻、中国戦国時代の楚の最後の王、BC223年頃没。
  姓は羋(び)、氏は熊(ゆう)、名は負芻(fuchu)。
  私見ですが、素戔嗚(布都斯、ふつし)の父、布都(ふつ)は楚の最後の王・熊負芻
 (ゆう ふすう)の名を使ったのだろうか。負芻(fuchu)が布都になったのかもしれない。
  素戔嗚は出雲国風土記に「野大神櫛御気野命」、「野加武呂命」と記されている。
[PR]
by enki-eden | 2017-12-07 00:26

土井ヶ浜遺跡の縄文人骨(701号人骨)

 土井ヶ浜遺跡(どいがはまいせき)は山口県下関市豊北町土井ヶ浜にある弥生時代前期から中期の墓地遺跡である。


 発掘調査は昭和28年から32年までの間、5次にわたる発掘調査がおこなわれ、約200体もの弥生人骨が出土し、後の発掘調査により人骨は300体以上に増えた。
 (土井ヶ浜人類学ミュージアムより)
d0287413_21504131.jpg

 土井ケ浜・人類学ミュージアム名誉館長の松下孝幸氏(1950年生、長崎県)が昭和57年10月26日に土井ケ浜遺跡の第7次調査に参加された。土井ケ浜弥生人は、顔が長く、顔面は扁平(へんぺい)で、高身長である。
 その時に松下氏は、これまでに見つかった土井ケ浜弥生人の特徴ではなく、鼻根部が深くくぼんでいる縄文系の人骨を見てあっと驚いた。いわゆる彫りの深い「低・広顔」の容貌で、眉の上が隆起し、鼻骨も隆起しているので、鼻の付け根が陥凹(かんおう)している。
 身長は低く158・8cmの縄文系弥生人であった。松下氏の見た701号人骨は、これまで発掘されたものと、あまりにも顔つきが違う。

 701号人骨に寄り添うようにして埋葬されていた702号人骨は、土井ケ浜弥生人そのものだった。顔が長く、横幅が狭い「高・狭顔」だった。鼻は低く、鼻の付け根は扁平で、彫りが浅い。身長は165・9cmあった。どちらも男性だが、顔もプロポーションも対照的である。

 弥生人と縄文系弥生人が寄り添うように埋葬されているが、この2人はどのような関係なのか。
 弥生人は中国大陸の戦乱を避けて列島に逃亡してきた江南人(揚子江周辺の倭人)や漢族である。
 長崎県、熊本県の海沿いで出土する古代人骨は西北九州型と呼ばれ、縄文系弥生人である。土井ヶ浜遺跡の701号人骨は、その仲間かもしれない。

 遺跡出土の男性の腕輪は大型のゴホウラ貝である。この大きな巻貝は琉球列島のサンゴ礁域に生息している。
 土井ヶ浜の弥生人がゴホウラ貝を求めて九州の西海岸を南下し、西北九州型の縄文系弥生人が貝交易の役目を果たしていた。土井ケ浜遺跡の「701号人骨」もその一人だったかもしれない。

 平成17年に熊本大学文学部教授の木下尚子氏が講演で、「沖縄では先史時代以来、貝交易が連綿と続いていて,これが沖縄の古代史の大きな特徴となっている」と解説された。
 貝交易の対象はゴホウラやイモガイ、ヤコウガイなどサンゴ礁の海に生息する特徴的な大型巻貝で、サンゴ礁が現在のように島のまわりに完成するのは,二千数百年前の弥生時代の頃である。
 弥生時代の貝交易は,北部九州の弥生人が、ゴホウラやイモガイを用いて腕輪を作ろうとしたことに端を発している。
 交易に関わったのは①背が高くのっぺりとした顔つきの北部九州弥生人、②北西部九州沿岸部の縄文系弥生人、③小柄な南島人である。
 古人骨の研究成果から、3地域の人々はこのような身体的特徴をもっていることがわかってきた。

 北部九州弥生人は貝交易の発注者、北西部九州弥生人は北部九州弥生人に頼まれて海上を往来する運搬者、南島人は貝殻の提供者であった。
 南海産貝輪をはめる習俗は、弥生時代を通して流行したが、北部九州から西日本各地に広まり、現在のところ、南は鹿児島県、東は愛知県までの地域に同様の腕輪がみられる。
[PR]
by enki-eden | 2017-12-01 00:12